ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング4月号 コロナショックで減配・無配が相次ぐ

オザワークスです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)で取引できる米国個別株の配当利回りランキング2020年4月号です。

先月(3月)から少しは株価も回復して、最新の配当利回りはどうなったのかな?

ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2020年4月

ワンタップバイで投資できる米国個別株のうち、配当利回りが2%以上の銘柄を表示しています。ETF2つはオマケ。

4月 ティッカー 銘柄 4月
配当利回り
3月
配当利回り
1 DOW ダウ・ケミカル 9.07% 10.53%
2 MO アルトリア・グループ 8.90% 10.71%
3 XOM エクソンモービル 8.50% 11.07%
4 GM ゼネラルモータース 7.16% 8.64%
5 T AT&T 6.96% 7.77%
6 CVX シェブロン 6.32% 9.52%
7 XRX ゼロックス 5.96% 6.21%
8 ABBV アッヴィ 5.87% 7.32%
9 IBM IBM 5.55% 6.84%
10 HPQ HP 4.89% 5.14%
11 RTX レイセオン・テクノロジーズ 4.69% 3.92%
12 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 4.33% 4.89%
13 PFE ファイザー 4.27% 5.34%
14 MMM スリーエム 4.15% 4.99%
15 JPM JPモルガン・チェース 4.04% 4.56%
16 CAT キャタピラー 3.75% 4.49%
17 KO コカコーラ 3.61% 4.37%
18 CSCO シスコシステムズ 3.55% 4.16%
19 TRV トラベラーズ 3.22% 3.71%
20 MRK メルク 3.11% 3.67%
21 HD ホームデポ 2.99% 3.69%
22 BMY ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 2.97% 3.88%
23 PEP ペプシコ 2.92% 3.63%
24 GS ゴールドマン・サックス 2.88% 3.70%
25 MCD マクドナルド 2.82% 3.65%
26 JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 2.70% 3.42%
27 PG P&G 2.64% 3.05%
28 INTC インテル 2.34% 2.66%
29 SBUX スターバックス 2.26% 2.90%
30 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 2.23% 2.72%
ETF SPY SPDR S&P500 ETF 2.12% 2.60%
31 AXP アメリカン・エキスプレス 2.11% 2.49%
ETF QQQ インベスコQQQ信託シリーズ1 0.79%

全体的に株価が上がったため、配当利回りは下がっている

全体的に先月(3月)と比べると配当利回りは若干低下しています。3月に比べて株価が多少戻ってきたからです。

支払われる配当額が変わらない場合、株価が下がれば配当利回りは上がり、株価が上がれば配当利回りは下がります。

配当利回りとは、あくまでも「その銘柄を今買った場合の配当の利回り」ですからね。

ホルダーの皆さんは、3月と比べて配当利回りが下がったからと言ってがっかりする必要はありません。その分株価は上がっているのですから。

一番上手くやった人は、株が安いこの期間にたらふく買い込んだ投資家です。配当も良くて、株価も上がる。さぞやニンマリしていることでしょう。

えーい、悔しい! 減配・無配を喰らってしまえ!

コロナのせいで減配・無配が多発! 注意せよ!

というわけで、このコロナ騒動の中で減配したり無配になったりしている銘柄が多発しています。株価が下がって安く買えてラッキーとばかりにはいかないのです。

ワンタップバイでも取り扱いのある以下の3銘柄は、この1ヶ月で無配を発表しました。

ティッカー 銘柄 4月
配当利回り
3月
配当利回り
GPS ギャップ 0.00% 15.45%
TPR タペストリー 0.00% 12.76%
BA ボーイング 0.00% 7.78%

無配ですから、当然配当利回りは0%です。

ぼくはボーイングは保有していなかったのですが、ギャップとタペストリーはもろに食らいました。皆様もお気を付けを。

株価を大きく変動させるコーポレートアクションにも注意せよ!

さて、ほとんどの銘柄が配当利回りを下げている中で、唯一利回りを上げているのが航空宇宙産業の【RTX】レイセオン・テクノロジーズです。

【RTX】レイセオン・テクノロジーズ、少し前までは【UTX】ユナイテッド・テクノロジーズでしたが、このRTXは4月にいくつかのコーポレートアクションを行っています。

社名を変え、ティッカーシンボルを【UTX】から【RTX】に変更したのもその一つです。

と同時に、RTXはスピンオフを行っています。スピンオフとは、社内の一部門を独立分社化することです。

スピンオフは1つの会社を2つに分けることですから、別れる前と後では会社の価値は、下がります。

そんなわけで、RTXの4月の株価はスピンオフによって大きく下げることになりました。

で、上で書いたように株価が下がると表示される配当利回りは上昇します。これはもう機械的にそうなります。

RTXの配当利回りだけが上昇した背景には、そういう事情があったのです。

そしてRTXの4月現在表示されている4.69%という配当利回りですが、この利回りが本当にそうなのかどうか注意が必要です。

スピンオフ後に配当の金額を変えるということは、しばしば起こることです。そうなると4月の利回り4.69%なんていう数字は何の意味もない数字になってしまいます。

スピンオフのみならず、コーポレートアクションを控えた銘柄、またはその直後の銘柄にはより注意が必要ってことっすね。

ついにワンタップバイでも投資できるようになったQQQ

最後に、4月からワンタップバイで投資できる米国株ETFが12銘柄も増えました。

詳細はこちらの記事で。

ワンタップバイでQQQに投資できる! QQQでIT銘柄を制覇せよ!

2020年4月21日
せっかく12銘柄も増えたんですけど、使えるETFは1つしかありません。

【QQQ】インベスコQQQ信託シリーズ1、です。

これからも伸びてゆくであろうIT関係の銘柄に手厚く投資できるこのQQQと米国株全体をカバーできる【SPY】SPDR S&P500ETF、正直ワンタップバイでは2つのETFだけで事足りるような気もしてきます。

どちらも「今の」配当利回りは低いのですが、漸次増配を繰り返していきますし、何より株価が上がっていきます。

どちらもおすすめです。

では、今月はこのへんで。オザワークスでした。




"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。