ワンタップバイでQQQに投資できる! QQQでIT銘柄を制覇せよ!

オザワークスです。

2020年4月1日から、One Tap BUY(ワンタップバイ)で取引できるETFが12銘柄増えていました。

その中でもぼくのオススメは、【QQQ】インベスコQQQです。IT銘柄に強いナスダックの上位銘柄に投資するQQQは、インターネットの発展によって今後もますますその価値を上げてゆくと思います。

いや~、ワンタップバイも少しずつ充実して参りましたなあ。

ワンタップバイ、取り扱いETFを12銘柄増やす

One Tap BUY(ワンタップバイ)で投資できるETFが、2020年4月1日から12銘柄も増えていました。

内訳はこうです。

ティッカー ETF名
QQQ インベスコQQQ
TMF Direxion20年超米国債ブル3倍
TMV Direxion20年超米国債ベア3倍
EDC Direxion新興国株ブル3倍
EDZ Direxion新興国株ベア3倍
DRN Direxion米国リートブル3倍
DRV Direxion米国リートベア3倍
FXI iシェアーズ 中国大型株
EEM iシェアーズMSCIエマージング
EWZ iシェアーズMSCIブラジル
GLD SPDRゴールド・シェア
OIH ヴァンエックベクトル石油サービス

は~ん、なるほどね。増えた12個のETFのうち、ぼくが投資したいなと思えるもの、または人に勧められるものはただ一つ、【QQQ】インベスコQQQだけです。

他の11銘柄は、うーん、どうにもクセが強い。特に投資の初心者さんに勧められるものではないと思います。

【QQQ】インベスコQQQがデキる子

追加されたETFのうち、【QQQ】インベスコQQQがいいですね。ワンタップバイ以外の証券会社では【QQQ】インベスコQQQ信託シリーズ1と表記されたりもしますが、同じものです。

QQQは、NASDAQ(ナスダック)に上場している企業の時価総額上位100社(金融銘柄は除く)に分散投資するETFです。

ナスダックとは、米国に存在する証券取引所です。正確には取引所とはちょっと違うが、まあそれはいい。

ナスダックは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に並ぶ米国を代表する株式市場で、IT関連ハイテク関連の銘柄が多く上場することが特徴です。

マイクロソフト、アップル、アマゾン、アルファベット(グーグル)、フェイスブックなどは皆ナスダックに上場しています。

そのIT・ハイテク色が強いナスダックの時価総額上位100社にまとめて投資できるのがQQQです。

QQQの長期保有で勝手に勝てる

今時代はインターネットです。今後はネットが今以上に発展・浸透し、我々の生活をグイグイ変えていくことになるでしょう。

そのとき技術やサービスを引っ張るのが、上に挙げたようなQQQに属する銘柄たちです。彼らが新世界を開拓していきます。

当然、新世界の王者たちには莫大な益がもたらされます。すると、株価もバリバリ上がっていくわけです。

簡単に言えば、QQQは上がります。

QQQの株価の推移

あーあ、上がりまくってる。もっと早く、10年ばか前に投資しておくべきでした。

インターネットがこの世界からなくならない限り、QQQの成長はこれからも続きます。

ぼくは個人的には、S&P500系のETFやダウ平均に連動する【DIA】、米国のほとんどの株に投資する【VTI】などと同じレベルで長期保有していれば勝手に勝てるETFだとQQQを評価しています。

奇しくもワンタップバイでは【SPY】SPDR S&P500ETFへも投資できますからね。QQQとSPYの最強ツートップで答えは出てしまいましたね。

その他の追加銘柄クセが強すぎる

さて、QQQを褒めちぎったところで、そのほかの追加ETFはどうでしょう。

答えから言うと、色々ありますけれど、どーも良くないですね。

まず、

ティッカー ETF名
TMF Direxion20年超米国債ブル3倍
TMV Direxion20年超米国債ベア3倍
EDC Direxion新興国株ブル3倍
EDZ Direxion新興国株ベア3倍
DRN Direxion米国リートブル3倍
DRV Direxion米国リートベア3倍

この辺のレバレッジ型のETF。

やめーや、レバレッジとか初心者に勧めんな。喜びも悲しみも3倍増しとか心臓が持たぬわ。

他には、

ティッカー ETF名
FXI iシェアーズ 中国大型株
EEM iシェアーズMSCIエマージング
EWZ iシェアーズMSCIブラジル

この辺の新興国株のETF。

やめーや、政治や経済・通貨が安定しない新興国とかわざわざ投資する必要ねーだろ。政治と経済ともに安定しつつ成長もしてくれる米国株を差し置いて何故?

あとは、

ティッカー ETF名
GLD SPDRゴールド・シェア
OIH ヴァンエックベクトル石油サービス

金? 原油? うーん、なんか違う。なんか変化球。

どうしてこんなにも王道でない、クセの強いETFを取り扱いたがるのか、ぼくはワンタップバイが何を考えているのかわかりません。

QQQをコツコツゆっくりが投資の王道

QQQ以外のETFを見てみると、なにか違う感じがします。レバレッジも新興国も商品ETFもハマればデカく儲かるのかもしれません。

が、そうは簡単にいかないのが投資です。

ぼくはやっぱり投資と言うものはコツコツとゆっくり積み上げてゆくものだと思うので、変にタイミングを計ったりあーだこーだするものはどうも違うと感じてしまいます。

コツコツ買って、ずっと持っていられるものが一番。それが投資の王道だとぼくは思います。

ワンタップバイで取り扱いのあるETFでは、QQQとSPYの2銘柄のみがそれに該当しますね。

そんなわけで、ワンタップバイでQQQに投資できるようになりました。なんかまだまだ銘柄を追加してくれるそうなので、それを楽しみに待ちましょう。

QQQとSPYにコツコツ投資しながら、ね。

オザワークスでした。




"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。