証券会社の選び方使い方

証券会社の選び方使い方

2021年夏! 楽天証券で米ドル買付手数料全額キャッシュバックキャンペーン実施中!

オザワークスです。 今、楽天証券で日本円⇒米ドルの為替手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンやってます! どうせだからこのタイミングで米国株に投資しちゃいましょー! 為替手数料を全額キャッシュバックだよ! 楽天証券…

米国株投資

予想配当利回りと実績配当利回り。ネット情報では2つの配当利回りがごっちゃにされて表示されていることがあるので気を付けよう

オザワークスです。 実は配当利回りには2種類、予想配当利回りと実績配当利回りというものがあります。 ネット証券や投資情報サイトなどでは、この2つが区別されることなく表示されていることが多いので気を付けましょう。 予想配当…

ETF・インデックス投資

マネックス証券の米国株ETF買付手数料キャッシュバックサービス「USAプログラム」。実際にキャッシュバックされて効果を痛感

オザワークスです。 マネックス証券の米国株ETF買付手数料キャッシュバックサービス「USAプログラム」。 これのキャッシュバックを実際に受けてみて、たかが手数料と甘く見ていた自分の認識が少し変わりました。 このサービス、…

証券会社の選び方使い方

SBI証券が600万口座到達キャンペーンを展開中なのだが、その内容があまりにもショボいのでがっかり

オザワークスです。 SBI証券の証券口座開設数が600万口座に達したそうです。 それを記念していくつかキャンペーンを実施していますが、どれも正直言ってショボい。 中でも「SBIハイブリッド預金 受取利息100倍キャンペー…

証券会社の選び方使い方

マネックス証券の銘柄スカウターに利用条件。4月23日から証券口座の利用状況によっては、機能が制限されることも

オザワークスです。 マネックス証券で米国株投資をするにあたって便利なサービスの「銘柄スカウター米国株」が、4月23日から機能を変化させます。 なんでも「プロフェッショナル機能」と「ノーマル機能」の2つに分かれるそうです。…

証券会社の選び方使い方

楽天証券で米ドルの為替取引がはかどる! リアルタイム取引時間帯が大幅に拡大。4月5日より

オザワークスです。 4月5日より楽天証券での日本円⇔米ドルの為替取引が、大幅にやりやすくなります。 具体的には、これまで日中は10時と14時にまとめて為替取引が行われていたのが、ほとんど1日中リアルタイムで取引できるよう…

米国株・今週の配当

今週の配当2月第4週 利益確定売り、買い増し、新規買い付け。株とお金で遊ぶの楽しすぎ!

オザワークスです。 2月も第4週。ここへ来ていきなり株を売ったり買ったり投資家として大忙し。 あーだこーだ悩みながら、株やらお金やらをこねくり回すのが楽しくてしょうがない。 あーシアワセ。 今週も配当から参りましょう。少…

証券会社の選び方使い方

楽天、マネックス、SBI証券各社が為替手数料のキャンペーン中! 米国株投資家は上手く使おう!

オザワークスです。 2021年2月現在、日本における米国株投資の御三家、主要3証券において為替取引手数料の値下げプチ合戦が勃発しています。 マネックス証券では、皆さんもご存じの通り従来より日本円⇒米ドルの為替手数料は無料…

米国株・今週の配当

今週の配当1月第3週 株を売って儲けたら証券会社から「大至急税金払え」メールが来た!

オザワークスです。 最近株高なのでいくつか売って儲けています。すんません。 そんな感じで調子に乗っていたらとうとう証券会社から怒られてしまいました。 「税金ちゃんと払えよゴラー!」 どうやら謝っても許してもらえそうにあり…

米国株・今週の配当

今週の配当12月第3週 年明けからログインできなくなる!? SBI証券から通知が来た者は直ちにログインパスワードを変えるべし!

オザワークスです。 SBI証券から、2021年1月21日までにログインパスワードを変更しないとログイン不可になるよ、という通知が届いたから、SBIユーザーは直ちにパスワードを変更すべし! いつも通りに今週の配当から。 米…

証券会社の選び方使い方

住信SBIネット銀行を使えば、為替手数料をたったの4銭に抑えてその米ドルをSBI証券で使える!

オザワークスです。 ネット証券最大手のSBI証券をお使いの投資家さんは多いと思います。 そんなSBI証券で米国株投資をする場合に欠かせないテクニックがあります。 それが、知っている人は知っている、住信SBIネット銀行を使…

証券会社の選び方使い方

将棋の「叡王戦」の特別協賛にSBI証券! 証券会社が将棋のスポンサーになる理由とは?

オザワークスです。 久々に将棋×投資のコラボレーションの話。 一部で存続が危ぶまれていた第6期の叡王戦が、老舗お菓子メーカーの不二家がスポンサーとなることで開催される運びとなりました。 そして、サブスポンサーには我らがS…