2020年秋以降、One Tap BUY(ワンタップバイ)は「PayPay証券」に名称が変わります

オザワークスです。

スマホ証券【One Tap BUY】(ワンタップバイ)が、2020年秋以降に名称を「PayPay証券」に変更するそうです。

追記。
名称の変更は、2021年1月だそうです。

これにはちょっと驚きました。

何でこのようなことになったのか、PayPay証券になったらどうなるのか、考えてみます。

One Tap BUY(ワンタップバイ)、PayPay証券になる

細かいスケジュールは未定(その後の発表で2021年1月の予定)だそうですが、One Tap BUY(ワンタップバイ)は2020年秋以降に「PayPay証券」に商号(会社名)を変更します。

⇒ワンタップバイ公式、「商号変更に関するお知らせ」

変更の理由は、2020年4月より提供を開始したPayPay株式会社との連携サービスである「ボーナス運用」が利用者に好評であること(利用者がすでに100万人を超えている)。

今後もボーナス運用のサービスを拡充するとともにPayPayとの提携も強化するため、「PayPay」ブランドを冠する社名に変更する、そうです。

なるほど。

PayPayボーナス運用って何ですか?


経緯は大体わかったけど、まずわからんことがある。

「ボーナス運用」って何ですか?

⇒ワンタップバイ公式、「ボーナス運用」

説明を読むと、どうも「PayPayボーナス」というPayPayを使うと得られるポイントみたいなもの(?)で疑似的な投資体験ができるらしいんですわ。

楽天ポイントで投資信託が買えるみたいなものですかいのぉ?

いや、いい加減なことは書けないな。おじさんにはよくわからない。

よくわからないけど、PayPayボーナスの「ボーナス運用」は利用者に好評であることは確かなようだ、うん!

でもそんなPayPayがどうしてワンタップバイと関係してくるのだろうか?

実は親会社からの命令?

いやそれがですね、この話、実はボーナス運用が好評とかそれだけじゃないと思うんですよ。

ワンタップバイが社名変更を発表するのと同じタイミングで、ネット銀行のジャパンネット銀行やFXのYJFX!、クレジットカードのヤフーカードなんかもそれぞれ名称変更を発表しています。

それぞれ、

  • ワンタップバイ⇒PayPay証券
  • ジャパンネット銀行⇒PayPay銀行
  • YJFX!⇒PayPay FX
  • ヤフーカード⇒PayPayカード
  • ヤフー保険⇒PayPay保険

と変更するそうです。

新しい社名にはすべて「PayPay」の文字が付く。

PayPayも含めて、上に挙げた会社は皆ソフトバンク傘下の会社です。

つまりね、ソフトバンク傘下の金融事業は全部「PayPay」ブランドに統一していくっていう、親会社の意向なんじゃないですかね?

ぼく個人としてはそんなふうに考えています。

ただ社名が変わるだけじゃないかも?

でも、ワンタップバイの社名は変わるけど、逆に言えば社名が変わるだけなら別に……。

と思うかもしれませんけど、ぼくはちょっと違う考えです。

ワンタップバイの証券会社としてのサービス内容が大きく変わる可能性があると思っています。

というのも、ソフトバンクグループって意外とオーソドックスなネット証券を保有していないんですよね。

あるのはちょっとクセのあるスマホ証券のワンタップバイだけ。

で、今回そのワンタップバイをわざわざ「PayPay証券」と看板を変えてくる。これは、ソフトバンクがそれなりに本気である、とぼくはそう感じました。

ワンタップバイをSBI証券や楽天証券みたいなよくあるネット証券にする。

この方向性の可能性は十分あるとぼくは思います。

でもそうなると、スマホに特化した「米国現物株の相対取引」というある意味尖ったワンタップバイ独自のサービスも変更を余儀なくされるかもしれません。

ワンタップバイのワンタップバイらしさが失われてしまうとすれば、ファンとしてはそこは少々さびしいところですね。

サービス向上の可能性もある

極端な話、もしもワンタップバイで米国株投資ができなくなったらどうするか?

そりゃあ、ぼくとしては保有するもの全部売り払って撤退ですよ。

米国株投資のできない証券会社に価値はありません。

でもまあ、そう悲観的にとらえる必要もないか。ソフトバンクが本腰を入れることで新生PayPay証券のサービスが今よりもよくなることだって十分あり得る話です。

むしろそっちに期待したい。

具体的には、ジャパンネット銀行改め「PayPay銀行」との連携で入出金が便利になったりすると、実にナイスですね。

期待もしつつ推移を見守ることにしましょう。

スマホ証券【One Tap BUY】
(ワンタップバイ)の詳細な情報はこちらの公式サイトから。
One Tap BUY

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


2 件のコメント

  • こんばんは、初めまして
    ワンタップバイの社名が変わるんですかぁ…ワンタップバイではちょっとだけですかぁ米国株でお世話になっていますがいい方向に行ってくれたら良いのですが
    米国株の取引が無くなったらちょっと、ショックですねぇ…

    • はじめまして。コメントありがとうございます。

      そのワンタップバイですが、社名変更の発表の数日後に米国株の取り扱い銘柄を25銘柄増やしています。

      大丈夫だ、心配するな、と言ってくれているんでしょうかねえ。

      わからんです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。