ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2月号 米国株はどんどん上がる。早く投資しないと手遅れになるぞ!

オザワークスです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)で米国株、配当利回りランキング2020年2月号です。

ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2020年2月

単純にワンタップバイで取り扱いのある個別株64株を配当利回り順にしたランキングです。銘柄数が多いので利回りが2%以上のみを表示しています。SPYはオマケです。

2月 ティッカー 銘柄 2月
配当利回り
1月
配当利回り
1 MO アルトリア・グループ 7.32% 6.59%
2 XOM エクソンモービル 5.89% 5.08%
3 DOW ダウ・ケミカル 5.80% 5.25%
4 GPS ギャップ 5.69% 5.23%
5 T AT&T 5.40% 5.42%
6 ABBV アッヴィ 4.97% 5.36%
7 TPR タペストリー 4.82% 4.67%
8 CVX シェブロン 4.73% 4.12%
9 GM ゼネラルモータース 4.39% 4.27%
10 IBM IBM 4.32% 4.69%
11 PFE ファイザー 4.26% 3.75%
12 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 4.23% 4.09%
13 MMM スリーエム 3.75% 3.18%
14 CSCO シスコシステムズ 3.11% 2.86%
15 HPQ HP 3.10% 3.21%
16 CAT キャタピラー 3.00% 2.79%
17 MRK メルク 2.96% 2.68%
18 XRX ゼロックス 2.75% 2.68%
19 BMY ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 2.74% 2.70%
20 KO コカコーラ 2.73% 2.81%
21 JPM JPモルガン・チェース 2.65% 2.60%
22 PEP ペプシコ 2.62% 2.70%
23 JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 2.53% 2.55%
24 BA ボーイング 2.49% 2.54%
25 TRV トラベラーズ 2.43% 2.33%
26 PG P&G 2.35% 2.36%
27 MCD マクドナルド 2.32% 2.36%
28 HD ホームデポ 2.22% 2.35%
29 GS ゴールドマン・サックス 2.17% 2.00%
30 INTC インテル 2.05% 2.11%
SPY SPDR S&P500 ETF 1.68% 1.69%

タバコ株と石油株の配当利回りが高まっている

先月(1月)に続いて2月も【MO】アルトリア・グループが配当利回り7%台で完全単独首位です。タバコへの世界的な逆風が、配当利回りを押し上げているのでしょうか。

他には、【XOM】エクソン・モービルや【CVX】シェブロンなどの石油株も年明けから原油価格の下落に伴って株価が下がり、配当利回りを上げております。

特にエクソンは、2014年から2015年にかけての原油価格暴落時にはそれほど下げていなかったため、それが何故2020年はこれほどまでに下がるのか、気になるところです。

賢明なる投資家の皆さんは、健全なる配当生活をお送りくださいね。

SPYを毎月1000円ずつ1年半買い続けてみて

さて、オマケの話。

私事ではあるのですが、毎月ワンタップバイで【SPY】SPDR S&P500ETFを1000円ずつ買う、という投資2018年7月から続けております。ええ、チンケなもんです。

SPYが1株大体300ドルくらいなので、毎月1000円で大体0.03株くらいずつ買っています。ワンタップバイならではの買い方ですね。

それをまあ1年半くらい続けてみました。

続けてみて、一つ気が付いたコトがあります。

少しずつ買える株が減っている

だんだんと、少しずつ、1000円で買える株が少なくなっていっています。

2018年7月、ぼくがワンタップバイでSPYに投資し始めた第1回目の買い付け(1000円)は、0.03143株買えました。

これが、最新の2020年2月の買い付け(1000円)では、0.02817株にとどまっています。

ほら、減っているでしょう?

せっかくだからこれまでの推移を表にしてみます。

買い付けた株数
2018年7月 0.03143株
8月 0.03122株
9月 0.03075株
10月 0.02980株
11月 0.03218株
12月 0.03123株
2019年1月 0.03573株
2月 0.03331株
3月 0.03172株
4月 0.03119株
5月 0.03112株
6月 0.03311株
7月 0.03112株
8月 0.03235株
9月 0.03105株
10月 0.03071株
11月 0.02960株
12月 0.02918株
2020年1月 0.02859株
2月 0.02817株

まだ期間が1年半と短くてわかりにくいかもしれませんが、なんとなく減っていってる気がしますよね?

米国株は、上がる

同じ1000円で買える株数が減る。これの意味は簡単で、米国株が少しずつ上がっている、ということです。

SPYは全米の大企業500社に分散投資するETFです。それが上がるということは、米国株全体が上がるということです。

この1年半だけではありません。米国株はこれまでも上がってきましたし、きっとこれからも長い目で見れば上がっていきます。

これは一見良いことのようですが、ちょっと困ったことでもあるんです。

株が上がると株は買いにくい。投資は急げ

何故なら、株が高くなってしまうと買える数が減ってしまうからです。

米国株は年々上がっていくのに対して、投資家の投資資金も年々増えていけばよいのですが、なかなか現実はそうもいきません。

お給料、なかなか上がりませんよね? それどころか、下がっていく可能性さえあります。

特に日本は意味のない消費増税に加えてコロナの影響もあり、この先大不況が約束されています。

でもそんなことお構いなしに米国株は上がってゆくことでしょう。実に切ない話です。

つまり何が言いたいか、急いで投資する必要がある、ということです。

米国株は待ってはくれません。ぼくたち投資家の投資資金の減少も待ってはくれません。

グズグズしている場合ではなく、とっとと株を買っていく必要があります。

でないとどんどん米国株で資産を作るチャンスが逃げていきます。

ですから皆さんがんばりましょう。ぼくもがんばります。

オザワークスでした。




"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。