今週の配当2月第1週 松井証券FXで毎週ドル売りしている。やっぱもっと投資金額増やさないと大きく儲けることは無理か

オザワークスです。

なんとかFXで儲けたいんですが、それもなかなか難しいのです。

強く勝負できる人ってどういうメンタルしてるんでしょう?

とりあえず今週の配当からです。

配当2/1入金分 $49.50
【BNS】ノバ・スコシア銀行
(マネックス・特定) $13.89

【CM】カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース
(マネックス・特定) $15.27

【SJR】ショー・コミュニケーションズ
(SBI・NISA&特定) $4.29

【SPY】SPDR S&P500ETF
(SBI・NISA) $16.05
配当2/2入金分 $28.71 ¥500
【SJR】ショー・コミュニケーションズ
(マネックス・特定) $3.11

【SPY】SPDR S&P500ETF
(マネックス・特定) $12.80

【SPY】SPDR S&P500ETF
(楽天・特定) $12.80

【SPY】SPDR S&P500ETF
(PayPay・特定) ¥500
配当2/3入金分 $43.34
【VZ】ベライゾン・コミュニケーションズ
(マネックス・特定) $23.42

【T】AT&T
(マネックス・特定) $19.92
配当金合計(米ドル)
2023年2月合計 $121.55

2022年2月合計 $322.47
2021年2月合計 $309.40
2020年2月合計 $286.46
2019年2月合計 $295.93
2018年2月合計 $238.97

2023年合計 $414.79

2022年合計 $6253.04
2021年合計 $5882.29
2020年合計 $5689.33
2019年合計 $6118.90
2018年合計 $4576.96

今まで全部合計 $40421.00

PayPay証券配当金合計(日本円)
2023年PayPay証券配当合計 ¥754

2022年PayPay証券配当合計 ¥8571
2021年PayPay証券配当合計 ¥4377
2020年PayPay証券配当合計 ¥1086
2019年PayPay証券配当合計 ¥147
2018年PayPay証券配当合計 ¥12

今まで全部PayPay証券配当合計 ¥14947

松井証券配当金合計(日本円)
2023年松井配当合計 ¥44

2022年松井配当合計 ¥26

今まで全部松井配当合計 ¥70
BRZ欲しいぞ貯金
現在、28万円!
2月第1週売買記録とか
米ドル
(松井・FX) 売り $20.00

【SDY】SPDR S&P米国高配当株式ETF
(SBI・特定) 買い 1株 買い増し
FX口座の現在の状態

FX、1か月半やってみて利益は26円

なんか爆発的に儲からねえかなあと思って松井証券でFXやっているんですけど、まあ儲かりませんねえ。

まだ途中ではありますけどね。

やっているのは米ドルを売って日本円を買う取引。

これから円高ドル安になると儲かるということ。

資金は1000円で、0.2ドル売る。

この取引を毎週行う。

去年の12月中旬からこれを始めて、FX口座は今こんな状況。

え~、26円プラスと……。

予想に自信はあっても、もっと突っ込めるかといわれると…

26円じゃあなあ。

1ヶ月半くらいかな、FXをおっかなびっくりやってみて感じるのは、やっぱり投資金額がそれなりに大きくないと結果は出ないということ。

ぼくの予想では、ドル円はこれから円高ドル安に向かいます。

現在1ドル=131円なんですが、今年の夏とかは110円とか100円台もあると見ています。

この予想には結構自信があります。

しかし、毎週1000円で0.2ドル売るなんていうチンケな取引額では、例え為替が1ドル=100円まで行ったとしても大した利益にはなりません。

投資金額がそもそも少なすぎるのです。

もっと人生を変えるほどの大儲けがしたいのなら、現在の10倍、いや100倍、いやいや1000倍くらい取引金額を増やさなければダメ。

結局、高いリターンを得たいなら高いリスクを背負うしかない

ただそうするとなあ、リターンは確かに大きくなるけれど、リスクも加速度的に膨らんでしまいます。

大きなリターンを求めるあまりリスクも増やした結果、多くの戦士たちがFXという名の戦場で命を落としています。

そうはなりたくないから、やっぱり投資金額を今以上に引き上げることはできません。

怖い。

だからまあ、今のまま続けて雀の涙ほどの利益を取るしかないのか。

意味があるんだかないんだか。

やっぱりねえ、株価が下がっても持っていればまた上がるかもしれない現物の米国株と違って、一定以上下がるとザックリと死んでしまうFXは難しいですよ。

そこでゼロになっちゃいますからね。

でも爆益を取りたいなら、それ相応のリスクを背負わなきゃいけないこともまた事実。

がしかし、ぼくにはできないなあ。

米国株投資にとっては向かい風となる円高の局面を、何とかうまく利用したいものなんですがね。

そんな、ぼくのFXの現状と心境でした。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある

コメントを残す

ABOUT US
オザワークス
なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。