配当5/15分 米国株であって米国株でない、ADRとはなんぞや?





オザワークスです。

原油価格が上がるとガソリン高でちと困る。ですが、石油会社の業績が伸びて配当も安泰。このアンビバレンツ。

配当5/15入金分
【SAN】サンタンデール銀行 $16.21
配当金合計
5月合計 $174.78   2017年5月合計 $234.03

2018年合計 $1544.18   今まで全部合計 $13048.85

2018年CFD配当 ¥3029   今まで全部CFD配当 ¥4356

入金したサンタンデール銀行の配当ですが、この$16.21という配当額は、ADR手数料込みの額です。

1日待ってみましたけど、手数料の支払い処理がまだ終わらんらしい。

これでは手取りの配当額が確定しません。

どういうことじゃ、マネックス証券!

サンタンデール
早よせい!
あとで、手数料を引かれた額に修正します。

ADRとはなんぞや?

今回配当が入金した【SAN】サンタンデール銀行は、スペインの大銀行です。このスペインの銀行、スペインのくせにまるで米国株として米国市場に上場しています。これがADRってやつです。

ADRとは日本語で米国預託証券のことで……ここまで読んで、ああ、ムズい単語出てきた、と脳が粟立ってきた方、大丈夫! これを書いてる人間もほとんどわかっちゃいません。サラッと聞き流しといて下さい。

ADRは、留学生

簡単に説明すると、コカコーラだのマクドナルドだの、米国生まれでそのまんま米国にガチで上場している銘柄が「普通の米国株」。

対するADRは、米国外の企業がはるばる海を渡って米国に上場している、言わば「留学生」。オーケー?

留学生と書きましたが、基本性能は「普通の米国株」と一緒です。取引手数料は同じ、特定口座にも同じく対応、配当も普通にもらえます。実用面で困ることは何もありません。

ADR手数料の存在

ただひとつ、ADR銘柄はそれを保有することそのものに少しだけ手数料が掛かります。具体的には、配当が入金するたびにその手数料をちょろっと抜かれます。

手数料は銘柄毎に違い、ゼロの銘柄もあります。また、証券会社によってADR手数料が異なる、なんていう話も?

おい、アンタのことだぜ?

証券
呼んだ?

ま、まあ、ADR手数料自体は小さな額なんで、それほど神経質になる必要もないでしょう。

きっと「留学生」なので、何かと物入りなんですよ。

ADR手数料の話は、ほじくると結構込み入った話になるので今日のところは、ADRっつうもんがあるんだ、ということで。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。