今週の配当6月第1週 ダウ平均2万7000ドル突破! 投資をしない人って儲け損なっているって知らないのかな?

オザワークスです。

ダウ平均が2万7000ドルを超えました。ぼくも5月は資産が200万円ほど増えました。

しかし、それでもなお米国株投資に見向きもしない人たちがいる。

投資をしないことで自分がトンでもない金額を儲け損なっている。その恐怖に自分だったら頭がおかしくなりそうですけどねえ。

知らないって、怖い。

とりあえず、今週の配当から行ってみよう。

配当6/1入金分 ¥4
【HAL】ハリバートン
(GMOクリック・CFD) ¥4
配当6/2入金分 $4.74
【SJR】ショー・コミュニケーションズ
(マネックス・特定) $4.74
配当6/3入金分 $58.39
【COP】コノコ・フィリップス
(マネックス・特定) $9.05

【ETR】エンタジー
(マネックス・特定) $13.36

【FE】ファーストエナジー
(マネックス・特定) $14.01

【WFC】ウェルズ・ファーゴ
(マネックス・特定) $21.97

配当6/4入金分 $17.79
【ENB】エンブリッジ
(マネックス・特定) $17.79
配当6/5入金分 $10.43
【VCIT】バンガード・米国中期社債ETF
(SBI・NISA) $4.09

【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETF
(SBI・NISA) $3.05

【BIV】バンガード・米国中期債券ETF
(SBI・NISA) $3.29

配当金合計(米ドル)
2020年6月合計 $91.35

2019年6月合計 $655.45
2018年6月合計 $486.94
2017年6月合計 $386.47
2016年6月合計 $357.87

2020年合計 $2402.25

2019年合計 $6118.90
2018年合計 $4576.96
2017年合計 $3996.81
2016年合計 $3408.96

今まで全部合計 $24591.78

配当金合計(日本円)
2020年CFD米国株配当合計 ¥8960

2019年CFD米国株配当合計 ¥19182
2018年CFD米国株配当合計 ¥9441
2017年CFD米国株配当合計 ¥1327

今まで全部CFD米国株配当合計 ¥38910

2020年ワンタップバイ米国株配当合計 ¥141

2019年ワンタップバイ米国株配当合計 ¥147
2018年ワンタップバイ米国株配当合計 ¥12

今まで全部ワンタップバイ米国株配当合計 ¥300

レガシィ欲しいぞ貯金
現在、28万円! 貯金ばかりじゃあかん。株も買わな。
売買記録6月第1週
【SPY】SPDR S&P500ETF
(ワンタップバイ・特定) 買い 0.3株(1万円分) 買い増し

【REM】モーゲージ不動産ETF
(GMOクリック・CFD) 買い 8株 新規買い付け

サクラサク、ダウ平均が2万7000ドルを突破!

米国株投資家の皆様、大変おめでとうございます。

ダウ平均が終値で2万7000ドルを超えました。コロナショック後、初でございます。

いや~、この3ヶ月大変でした。

コロナ、コロナ、コロナ。下落、暴落、減配、無配。ロクなことがありませんでした。

が、コツコツ株を買い続けていたおかげで、現在は大体コロナ以前の水準まで戻してきております。

また、株価が低い時期に投資できた銘柄がぼちぼち利益を出しつつあります。

これもすべて、苦しいときも投資を諦めなかった自分の手柄。

自分の意志の勝利です。

もちろん、ぼくと同じく投資家である皆様方も、この株高にほくほくニヤケていることでしょう。

それでいいのです!

我々は資本主義社会に生きる大人として、やるべきことをやったまでのこと。胸を張りましょう。

投資をしないことで儲け損なうのが一番怖い!

ぼくにとって不思議な存在というのは、投資をしない人たちのことです。

ぼくは5月の1ヶ月で少なくとも200万円は資産額が増えました。(正確には、「戻した」と言うべきですけどね。)

そのことを6月から来た若いアルバイト君にドヤ顔で言っても、リアクションは「そりゃスゴイ。」の一言で終わりです。

いやいやいや、「スゴイ」で終わってどーするよ。

もっと何かないのか? 煮えたぎるものが。

もし自分だったら、1ヶ月で200万資産を増やせる機会をみすみす逃していたことに、悔しいでもなく腹立たしいでもなく、多分、恐怖を覚えると思います。

株式投資はそれだけ強烈なパワーがあるという恐怖。それから、投資を含む経済や金融の仕組みを知らずにこれまでのほほんと生きてきた、無知の恐怖。

そして恐怖の後で、猛烈な後悔に襲われることでしょう。これはもちろん、今まで投資を知らなかった自分がどれほど儲け損なってきたか、という後悔です。

多分ぼくは後悔で、職場の柱に激しく自分の頭を打ち付けると思います。

米国株投資をしない、というリスクが見えない人々

つーても、まあ、これは後付けの発想ですね。

ぼくが株式投資の優位性を身に染みて知っているからこその発想です。

投資を知らない人は、本当に何も知らない。

投資をしないことで自分がどれほどの損をしているのか、わかっていない。

こりゃあ格差がガンガン拡がるわけだ~、と彼らを見ていて思います。

はっきり言いましょう。

米国株投資をしないことが、もはやリスクなのです。

新品のPCを相場より1万円安く買えたよ~、とかそういうことじゃないんですよ、重要なことってのは。

彼らには見えていない投資の世界では、それこそ人生を変えるようなダイナミックな激動が巻き起こっているんですよ。

それがわからんかなあ?

注意、株高は嬉しいけども、少々急上昇過ぎるかも

勇気を持って行動を起こす者は救われるし、逆は知らん。

さて、冒頭で述べたようにダウ平均は2万7000ドルを超えてきました。

これは大変喜ばしいことですが、やや注意も必要です。

ちょっと、株価の戻し方が急すぎますね。特にこの1~2週間は。

なんかいかにも相場が買い急いでいる感じです。

よって、近々どこかのタイミングで跳ね返される可能性もあります。

もちろん、株式相場ですから元より上がったり下がったりの世界です。

それをわかった上でそれでもトータルで儲かることを知っている賢明な投資家さんは、下落も込みで投資を続けましょう。

では今回はこの辺で。

オザワークスでした。

毎週更新! 2020年ポートフォリオ&毎日配当入金カレンダー

2020年1月11日






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。