10月28日、楽天証券で楽天ポイントを使って日本株が買えるサービスがスタート! 米国株はいつ?





オザワークスです。

2019年10月28日より、楽天証券で楽天スーパーポイントを日本株への投資に使えるようになります。

とうとう楽天ポイントで株が買えるようになるのです。

⇒楽天証券・ポイントで株投資はじまる!(10月28日から)

10月28日ってぼくの誕生日の翌日じゃん。

ま、それはいいとして、とうとうポイント投資が日本株解禁となってしまいました。

日本株はともかく、ぼくが気になるのはやっぱり米国株のほう。

将来の米国株のポイント投資……どうなるのかなあ?

その辺も含めて少し考えてみました。

10月28日、楽天ポイントで株投資、解禁

楽天証券の発表によると、2019年10月28日より、楽天スーパーポイントで日本株と国内ETFの買い付けが行えるようになるそうです。

⇒楽天証券・ポイントで株投資はじまる!(10月28日から)

これは画期的なサービスです。とうとうお金ではないポイントで株が買えるようになるからです。

こんな時代が来るなんて、おじさん思ってもみませんでした。

では、ポイントで株投資のサービスの詳細を少し見てみましょう。

ポイント投資の仕組みはちょいムズイ

楽天スーパーポイントを使って日本株と国内ETFに投資できるわけですが、ちょっと仕組みはわかりにくいです。

まず、ポイントの使い方を3つのコースから選ぶようですね。「すべて使う」「毎日上限◯◯ポイント」「毎月上限◯◯ポイント」の3つです。

3つのコースの中身は何やらぼくには難しくてよくわかりませんでした。テヘ。

まあわかったのは、今あるポイントを使いたいだけさっと使えるような簡単なものではないということです。ちょっと仕組みがややこしい。もっと簡単にすりゃあいいのに。

注意点。ポイントと同額の現金がないと株取引できない

株の購入代金+取引手数料をポイントだけですべて賄うことは可能です。

ですが、注意点として、保有するポイントとは別に注文時には購入代金+手数料分の現金が必要になります。

結局注文時にはそのまんま現金が要るのです。完全にポイントだけの投資にはなっていませんね。

ポイントで株の買い注文を出すと、ポイントと同時に同額の現金も拘束されます。

で、株の受け渡し日に拘束されていた現金だけが戻ってくる仕組みです。

これはつまり、現金が担保になっているわけですね。

なんかちょっとダルい仕組みになっていますね。現金を担保にせにゃならんとは、楽天ポイントってセキュリティーでも甘いんですかね? よく知らんけど。

ポイントという「身分」の限界を感じるなあ。

ちょっと使いにくいも、画期的なサービス

他には、ポイントの利用可能上限は1日50万ポイントで、月の上限も50万ポイントです。

NISA口座での買い付けにもポイントは利用可能。ただし、何故かジュニアNISA口座ではポイントは使えないそうです。

さて、いろいろ特徴を上げました。このサービス、ちょっと使いにくさを感じますが、やはり画期的なことだなとは思います。さすがは楽天といったところです。

だって、楽天ポイントで株を買っちゃうんですよ? すごいねえ。

お金ではない楽天ポイントで株が買える理由

ところで、楽天ポイントで一体どうして株が買えるんでしょうね?

いや、だって、ポイントって所詮はお金じゃないじゃないですか。

株取引のシステムってガチガチの真面目でまったく融通の利かない現金至上主義ですから、ポイントなんていうあやふやなものは絶対に認めるはずがないんです。

ていうか、認めちゃいけません。今も昔もこれからも株を買えるのは政府謹製の現金のみです。

もしも楽天が発行できる楽天ポイントで楽天の株をバカバカ買えたら、何かおかしいでしょ?

というわけで、楽天グループのどこかで楽天ポイントを現金に変換する仕事があるはずです。

それを楽天証券がしているのか、それはわかりません。ですが、広い楽天の必ずどこかで日夜ポイントを日本円に換えているはずです。そうじゃないと成り立たない。

ぼくたちがポイントで株を買ったり普通の買い物をしたりするたびに、楽天の金庫からお金が減っていきます。

まるで為替のようですね。ぼくたちは日々ポイントを使うことによって楽天に対して売りアタックを仕掛けているのです。

対して楽天は1ポイント=1円の為替レートを守るために、必死に外貨(この場合は日本円)を使って楽天ポイントを買い支えます。まさにどこかの為替操作国のよう。

1ポイント=1円のレートが食い破られるとき、つまり楽天ポイントの暴落が起こったときが楽天の終わりかも。

楽天を潰す方法思いついた

あ、楽天の潰し方思いついた。

日本全国の楽天ポイント保有者が、ある日ある時全員が一斉に手持ちの楽天ポイントをすべて使う。

そしたらきっと楽天の金庫は空っぽになり、楽天ポイントは暴落、次いで楽天政府は財政破綻して、楽天ポイントなるものは消える。

世界でたびたび起こっていることですね。紙くずになってしまった楽天ポイントを握りしめて、ぼくたちは何を思うのか。

そんな、楽しい、想像。

日本株解禁で米国株も十分可能であると確信

さてと、おふざけはここまでにして、ここからは米国株投資とポイントについて真面目に考えちゃうよ!

いやいや、考えてみたいと思います。

米国株投資をポイントでできる日が来るか、これは来ると思います。

今回日本株が解禁になったことで、確信しました。

むしろぼくはもっと時間がかかるんじゃないのかと思っていたんですけどね、意外と早く実現するかもしれませんね。

確か2017年の夏くらいですよね、楽天証券でポイントで投資信託が買えるようになったのは。

あれにも驚きましたけど、そこから2年で国内株までもって行くとはね。早い。

2021年、米国株のポイント投資解禁か!?

と、いうことは、ここから2年後、2021年夏ごろに米国株のポイント投資解禁!? なのかもしれません。

可能性はあります。証券会社はもちろん楽天証券ですね。

そのころには「ポイント投資といえば楽天証券」というイメージが確立しているかもしれません。

「ポイントでのみ投資する」への違和感

ただ、ぼくはポイントで投資することについて、そもそもちょっと違和感があります。

普段の買い物等で得たポイントで株式投資する。それはポイントの使い方の一つとしていいんですけど、選択肢があることはいいことなんですけど、何かが違う。

誰が言ったか「ポイント投資は現金を使わないから、損をしても気にならない」などという言葉も気に食わない。

そこの感覚が決定的に違う。

もとから身銭を切って投資している人が、ポイント投資もやってみよう。これならわかる。どうぞやってください。

だけど、損したくないからポイントでのみ投資します。これはどうだろう。

いや、別に何を使ってどういう投資をするかなんて人それぞれだと思います。

けど、ポイントだけで投資してます、ポイント投資しかしたことありません、なんていう投資家が増えたりしたら、ぼくは嫌だ。

ぼく「あ、投資されているんですか?」

投資家P「あ、そちらも? どのポイントで投資してるんですか?」

とか平気で聞かれる時代になってしまったらぼくは嫌だなあ。

投資=ポイント投資になってしまったら未来は暗い

ポイント投資みたいな選択肢が増えることは良いことだとは思いますが、その流れが進み過ぎて「投資=ポイント投資」になってほしくありません。

ポイント投資は誰でも手軽に気負いなく始められる半面、やっぱりどこか本物ではない感じがします。

はい、偏見です。

投資するためのポイントを得るために東奔西走するのもアホらしいし、それで余計な買い物をしていたら逆効果。

何よりポイント投資には、投資が持つ夢やスケール感を感じません。やっぱりどこまで行ってもみみっちい。

はい、偏見です。

やはり投資は、現金を使って損を気にしながら行うもの、のような気がします。

ポイントで米国株を買うそのとき、果たしてあのワクワク感があるだろうか。

初めて自分のお金で投資をする、自分の意志で投資家になったあのドキドキ。

含み損が-50%にもなったあの絶望、ヒリヒリしながらの損切り。

そんな中でも入金してきた配当に少しだけほっこり。

やっぱり自分が働いて得たお金をぶち込まないと投資じゃないよなあ。

おじさんは旧い人間なのです。

まとめ。結局人は夢では生きられない。ポイント投資、がんばろう

ポイント投資やらおつりで投資やらは、今後とも貧しくなるこの日本で間違いなく蔓延することでしょう。

米国株にポイントで投資できる日ももうすぐだ。

ただ、投資ってのは本来ポイントでするようなもんじゃない。

もしもポイント投資が主流になってしまうのなら、それはどこか歪んだ投資とは別物の「何か」という他ない。

さらに言えば、証券会社各社が開発コストをかけてポイント投資のシステムを競って作るような未来は、できれば辞めていただきたい。投資家のために、もっと別のことに力を入れてほしい。

そんなことを言っているぼくですが、楽天カードはすでに持っているし、きっと米国株投資がポイント解禁となった暁には、必死に楽天ポイントの勉強をしてしまうような気がします。

人って弱い生き物ですね。夢や希望じゃ生きられないんです。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。