ワンタップバイの米国株に取扱銘柄8種が新規追加!





オザワークスです。

11/27より、ワンタップバイで取り扱う米国個別株に新たに8銘柄が追加されました。これで合わせて全37銘柄となります。

いい調子ですね。

新しく追加された8銘柄

新しく追加された銘柄は以下の通りです。

ティッカー 銘柄 業種 配当利回り
ADBE アドビシステムズ アプリケーション・ソフトウェア 0%
BKNG ブッキング・ホールディングス インターネットベース・サービス 0%
CRM セールスフォース・ドットコム アプリケーション・ソフトウェア 0%
GS ゴールドマン・サックス 機関投資家向け証券仲介 1.65%
NFLX ネットフリックス インターネットメディア 0%
NVDA エヌビディア 半導体素子 0.41%
PYPL ペイパル・ホールディングス 消費者金融 0%
SQ スクエア 消費者金融 0%

高配当銘柄が、ただの1つもない

……なんか、違くない?

新しい銘柄が追加されたのはいいけど、配当投資家としては何かが違う。求めていたのは、こういうんじゃないんだ。

全体的に配当利回りが低すぎる。というか、半分以上が無配銘柄。こういう無配銘柄&新興企業は、これからの景気後退局面でボコボコに売られる可能性が高いです。

それを今から取引可能です、ってタイミングが時勢の流れとズレていませんか、ワンタップバイさん!

今こそ、高配当銘柄カモン!

10年続いた株高が崩れそうな今こそ、高配当銘柄を取引可能にしてほしいなあ。

ワンタップバイでは業種ごとなかったことにされている通信銘柄、【T】AT&Tや【VZ】ベライゾン・コミュニケーション。タバコの【PM】フィリップ・モリス・インターナショナルや【MO】アルトリア・グループ。

電力やガスの公益企業もなんでガン無視しているのか謎や。確かに地味だけど、安定した配当がそこにはあるのよ?

今まで1つもなかった金融銘柄が今回ポチポチ入ったけど、もっと普通の【WFC】ウェルズファーゴとか銀行株でいいと思うんだけど。

どうも、ワンタップバイさんの銘柄選定眼がなあ……。

ワンタップバイには個別株よりETFを手厚くして欲しい

ぼくは個人的には、ワンタップバイには個別株よりもETFのほうに力を入れてほしいと思います。

初心者が多いとされるワンタップバイなら、尚更そうであるべきだと思う。

今は実質【SPY】SPDR S&P500だけの取扱いで、もちろんこれはいいんですけど、さすがに1つは寂しいな、と。

ぼくのイチオシはダウ平均に連動する毎月配当のETF、【DIA】SPDRダウジョーンズインダストリアルアベレージですね。これはぜひ取り扱って欲しい。

他にも高配当系の【HDV】iシェアーズ・コア米国高配当株や【VYM】バンガード・米国高配当株式など、保有しやすいETFが全然ないのが、ワンタップバイの弱点だと思います。

まとめ。誰がどう言おうとワンタップバイは少額投資向きだから応援はしてる

まとめです。

ワンタップバイの取扱銘柄が8銘柄増えました。内容は、配当投資に向かない銘柄ばかりです。

これから米国株は株価的には下り坂に入っていくと思うので、配当目的で保有できる銘柄を増やしてほしいですね。

あとは、ETFのラインナップも増やして欲しい。こちらも長期保有に適した、配当がそれなりに出て、適度に分散された株式ETFを。

ワンタップバイは、投資資金が毎月5万円以下の少額投資家向きの手数料設定になっています。

なので応援はしています。がんばれ、ワンタップバイ!

オザワークスでした。

ワンタップバイ取り扱いの米国個別株&ETF、配当利回り順全40銘柄一覧 11/27更新

2018年10月23日

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。