ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング3月号 コロナで株安、全銘柄が高配当株にへ~んしん!

オザワークスです。

ワンタップバイで投資できる米国個別株の配当利回りランキング、2020年3月号です。

2020年2月の終わりから米国株はダウ平均で2万9000ドルから1万8000ドル台までクソ下がっていますからね。

株価が下がれば配当利回りは高くなる。お買い得になる。ランキングが楽しみです。

ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2020年3月

3月 ティッカー 銘柄 3月
配当利回り
2月
配当利回り
1 GPS ギャップ 15.45% 5.69%
2 TPR タペストリー 12.76% 4.82%
3 XOM エクソンモービル 11.07% 5.89%
4 MO アルトリア・グループ 10.71% 7.32%
5 DOW ダウ・ケミカル 10.53% 5.80%
6 CVX シェブロン 9.52% 4.73%
7 GM ゼネラルモータース 8.64% 4.39%
8 BA ボーイング 7.78% 2.49%
9 T AT&T 7.77% 5.40%
10 ABBV アッヴィ 7.32% 4.97%
11 IBM IBM 6.84% 4.32%
12 XRX ゼロックス 6.21% 2.75%
13 PFE ファイザー 5.34% 4.26%
14 HPQ HP 5.14% 3.10%
15 MMM スリーエム 4.99% 3.75%
16 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 4.89% 4.23%
17 JPM JPモルガン・チェース 4.56% 2.65%
18 CAT キャタピラー 4.49% 3.00%
19 KO コカコーラ 4.37% 2.73%
20 CSCO シスコシステムズ 4.16% 3.11%
21 UTX ユナイテッド・テクノロジーズ 3.92% 1.94%
22 BMY ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 3.88% 2.74%
23 TRV トラベラーズ 3.71% 2.43%
24 GS ゴールドマン・サックス 3.70% 2.17%
25 HD ホームデポ 3.69% 2.22%
26 MRK メルク 3.67% 2.96%
27 MCD マクドナルド 3.65% 2.32%
28 PEP ペプシコ 3.63% 2.62%
29 JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 3.42% 2.53%
30 PG P&G 3.05% 2.35%
31 SBUX スターバックス 2.90% 1.88%
32 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 2.72% 1.94%
33 INTC インテル 2.66% 2.05%
ETF SPY SPDR S&P500 ETF 2.60% 1.68%
34 AXP アメリカン・エキスプレス 2.49% 1.28%
35 UNH ユナイテッドヘルス・グループ 2.22% 1.43%
36 DIS ウォルトディズニー 2.05% 1.27%
37 WMT ウォルマート 1.89% 1.82%
38 NKE ナイキ 1.56% 0.98%
39 MSFT マイクロソフト 1.50% 1.14%
40 AAPL アップル 1.37% 0.98%
41 COST コストコ 0.91% 0.81%
42 V ビザ 0.88% 0.57%
43 MA マスターカード 0.79% 0.47%
44 ATVI アクティビジョン・ブリザード 0.73% 0.65%
45 GE ゼネラルエレクトリック 0.65% 0.33%
46 NVDA エヌビディア 0.30% 0.22%
47 AMZN アマゾン 0% 0%
48 GOOGL アルファベット 0% 0%
49 FB フェイスブック 0% 0%
50 TWTR ツイッター 0% 0%
51 TSLA テスラ 0% 0%
52 ADBE アドビシステムズ 0% 0%
53 BKNG ブッキング・ホールディングス 0% 0%
54 CRM セールスフォース・ドットコム 0% 0%
55 NFLX ネットフリックス 0% 0%
56 PYPL ペイパル・ホールディングス 0% 0%
57 SQ スクエア 0% 0%
58 AMD アドバンスト・マイクロ・デバイセズ 0% 0%
59 BRK.B バークシャー・ハサウェイ 0% 0%
60 BYND ビヨンドミート 0% 0%
61 ISRG インテュイティブ・サージカル 0% 0%
62 MU マイクロン・テクノロジー 0% 0%
63 ROKU ロク 0% 0%
64 UBER ウーバーテクノロジーズ 0% 0%
追記、8位の【BA】ボーイングが無配転落を発表しました。この表の配当利回りは違っています。

配当利回り高っ!

2020年3月の配当利回りは、とんでもないことになっています。

アパレルの【GPS】ギャップが15%、ブランド「コーチ」の【TPR】タペストリーが12%、あの【XOM】エクソン・モービルがなななんと、11%を超える配当利回りです。

それほどまでに、3月の株価の下げがすさまじかったのでしょう。

結果として、ワンタップバイが取り扱う米国個別株のすべての配当利回りが先月(2月)と比べて上昇しています。

中でも目立つのが、アパレルファッション関係、石油関係、金融関係の配当利回りの上昇です。

まあ、それらの業種はイコール株価がそれだけ下がっているんですけどね。既存の株主は涙目です。

おすすめの銘柄「全部買い!」

今米国株が買いかどうかと聞かれれば、そりゃ間違いなく買いです。

天下のエクソン・モービルが配当利回り11%で買えるなんて、完全にカモがネギ背負って歩いている状態です。すぐに仕留めましょう。

ただ、配当利回りが11%もあると、逆にちょっと怖いな、と思う方もいるはずです。それもわかる。配当利回り11%なんてふつうは減配寸前の銘柄が示す利回りですもんね。

そういう方には、【MCD】マクドナルド、【PEP】ペプシコ、【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン、【PG】P&Gなどの配当利回り3%台銘柄がおすすめです。

コイツらはいつもはもっと株価も高くて利回りも低い「高嶺の花」ですが、3%台まで落ちてきています。今だけです。完全にチャンスです。

いやいやそれも……と難色を示すこだわりの強いそこのアナタ、貴方にはもう【SPY】SPDR S&P500ETFを勧めるしかありませんね。

SPYは2月の配当利回り1.68%から2.60%と高配当銘柄のような状態になっています。分散投資できるSPYが利回り2.5%を超えるのなんてめったにないですよ。これは買いです。

減配にはご注意を

2020年3月は、2月と比べて相場環境ががらりと変わり、配当利回りは全体的に高まっています。

いずれも買いの一大チャンスですが、減配には気を付けましょう。

株価というものは先行指標で、コロナでこの先経済がヤバそうだと悲観して、今株が下がっているのです。

そのおかげで配当利回りは高くなっていますが、実体経済がその通り悪くなって企業の業績に影響が出てくると、配当金を減らさざるを得ない企業も出てくるかと思います。

そういった可能性があるので、高い配当利回りには注意しましょう。

でわ、楽しい米国株投資を。

オザワークスでした。




"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。