ワンタップバイの米国株、配当利回りランキング4月号 長期投資は本当に長期でしないと意味がない





オザワークスです。

OneTapBUY(ワンタップバイ)で投資できる米国株の配当利回りランキング2019年4月号です。

ぼく自身は、投資に当てられる資金の関係で個別株は持っておらず、【SPY】SPDR S&P500ETFを毎月1000円ずつ買っています。ショボくてすんません。

ワンタップバイの米国株配当利回りランキング2019年4月

ティッカー 銘柄 配当利回り
1 IBM IBM 4.36%
2 TPR タペストリー 4.18%
3 XOM エクソンモービル 4.07%
4 GM ゼネラルモータース 3.84%
5 GPS ギャップ 3.71%
6 PFE ファイザー 3.42%
7 KO コカコーラ 3.40%
8 HPQ HP 3.17%
9 XRX ゼロックス 2.90%
10 PG P&G 2.82%
11 CAT キャタピラー 2.45%
12 MCD マクドナルド 2.42%
13 CSCO シスコシステムズ 2.33%
14 INTC インテル 2.24%
15 BA ボーイング 2.19%
16 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 2.07%
SPY SPDR S&P500 ETF 1.76%

はい、こんな感じです。ちなみに、配当利回りはグーグルファイナンスで調べました。

3月と比べて全体的に株価が好調なため、逆に配当利回りは若干低下しています。【SBUX】スターバックスは、配当利回り2%以下になったので、ランキングから落ちました。

株価は好調と書きました。ダウ平均は2万6000ドルを超えて、再び過去最高値を目指しそうな雰囲気はあります。

しかし、高まる株価とは裏腹に、米国の実体経済は下り坂に入りつつあります。

実体経済が下っていくのに株価は上っていく。これは不自然で不気味な現象です。

お気をつけを。

株価はいつか下がるもの。どう対策する?

「お気をつけを」ったって、具体的に何をどうしたらいいんだい?

何をどうする必要もありません。「株価は下がることもある」ということを頭の片隅に置いて、今までどおりの投資に励んでください。

毎月1000円ずつ投資している方は、今までどおり毎月1000円の投資を。1万円の方は1万円を。特に行動は変えずに、淡々とコツコツと投資していきましょう。

ただし、株価はいつか大きく下がりますからね。

将来大きく下がることがわかっているのだから、投資する金額を減らせば良い、と思うかもしれません。しかし、それがいつになるのかわからないので、対処法がないのです。

実際株価が下がったら、どう対策する?

じゃあ、株価が大きく下がったら、そのときはどうするんだい?

どうもしません。そのまま持っています。ずっと保有を続けて、ずっと配当をもらい続けます。そのための配当投資です。

さらに、株の買い付け金額も増やしません。資金が余って余ってどうしようもない、ということなら多少多く買い付けてもいいですけど、基本のペースは変えません。

株価が下がっても毎月1000円の方は1000円を。1万円の方は1万円です。

今株価が下がっているのだから、今多く買ったほうがいいんじゃないの? と思うかもしれませんが、株価はさらに下がるかもしれません。

多く買ってその後さらに下がったら、しょんぼりでしょう? 株がどこまで下がるのかわからないから、投資のペースを平時から変えないのです。

株価が下がったときに大量に株を買えばよいのか?

じゃあ、株価の下げが底を打って、上昇に転じたら大きく買うんだな?

それもありません。株価は無限に下がり続けるものではありませんから、いつかは上昇し始めます。

下げるときもそうですけど、上がり始めるときもそれがいつなのかは、後になってみなければわかりません。上がり始めたフリをして、その直後にさらに下がるということだって十分に考えられます。

上がるも下がるもタイミングなんて誰にもわからないのです。

なので、株価がどう動こうが、毎月1000円の方は変わらず1000円を。1万円の方は1万円を、ということになります。

配当投資はつまらない投資。でも根性と信念の投資

なんてつまらねえ投資だっ!

仰るとおりです。しかしながら、配当狙いの長期投資とはこのようにつまらないものなのです。株を買って、保有して、配当金をもらうだけですから。

でも、何のテクニックも知識も才能も要りません。誰でもできるのが配当投資です。あえて必要なものを挙げるとすれば、根性、かな?

相場がどう動こうとも、それに惑わされずに自分の決めたペースを守る。どんなに含み損が拡がろうとも、配当金と保有銘柄を信じて待つ。

格好いい言い方をすれば、信念が必要なのが配当投資です。

30年続けてください

20年、いや30年後にお会いしましょう。

30年間コツコツ一定金額の株を買い続けたらどうなるのか。30年間相場に振り回される投資をしてきた方々とそこで勝負です。

あ、いや、間違えた。30年間相場に振り回される投資を続けて、それでも投資家として生き残った方々は、勝ち組です。何の技術もない長期配当投資では勝負になりません。負けです。

問題は、相場に振り回される投資をしてしまって、結局投資そのものが続かなかった人たち。その人たちに勝てるかどうか。いや、これは勝っているでしょう。

続けるということは、それほどまでに価値のあることだと思います。

長期投資は尊い。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。