配当生活10月第3週 少額投資家におすすめのワンタップバイの記事を書こうとした。でも……





オザワークスです。

サウジアラビアの反体制派の記者が暗殺される事件がありましたが、ムハンマド皇太子は米国を含む世界中に莫大な金額を投資しているそうです。事件の是非はともかくとして、彼の身に何かあると世界が、揺れるかもしれません。

地上すべてを飲み込む大津波も、始めは小さな波紋だとか。10年もの間続いた好況と株価の上昇。なんでもいいからきっかけを求める段階に突入している、そんな気さえしませんか?

そんな大きなことを考えつつも、今週も小さな小さな配当と与太話です。

配当10/16入金分
【PM】フィリップ・モリス・インターナショナル(マネックス・特定) $18.16

【GSK】グラクソスミスクライン(マネックス・特定) $19.52

【DIA】SPDRダウジョーンズインダストリアルアベレージ(SBI・NISA) $4.92

配当10/17入金分
【OXY】オクシデンタル・ペトロリアム(マネックス・特定) $16.80

【DIA】SPDRダウジョーンズインダストリアルアベレージ(マネックス・特定) $3.93

配当10/18入金分
【BCE】ビーシーイー(マネックス・特定) $13.94
配当10/19入金分
【F】フォード・モーター(GMOクリック・CFD) ¥490
配当金合計
10月合計 $334.51   2017年10月合計 $282.73

2018年合計 $3633.46   今まで全部合計 $15127.13

2018年CFD配当 ¥7968   今まで全部CFD配当 ¥9295

売買記録10月第3週
なし

日本の20代は、まだ、投資しないらしい

最近、生産年齢人口の減少と日銀の金融緩和の影響によって、20代の若者の雇用がすこぶる改善しているそうです。と同時に、彼ら若者たちの所得、つまり給料も上昇しています。ぼくが若者だった頃には考えられないような状況です。

30代も終わりになるというのに非正規でセコセコ働くぼくとしては、正直、うらやましい。

けれど、20代の彼らが上がった給料をどうしているのかと言えば、貯金、だそうです。

投資、ではないんですねえ。生まれも育ちもデフレしか知らない彼らには無理もありません。むしろ、今現在投資に傾いているのは、かつてのバブル景気を知る70代以降だとか。

年寄りは、じき死にます。それはいい。残されたデフレ世代は、投資を知りません。

これをぼくは、チャンスと捉えます。

投資人口は、これから増えます。これから頭の中が「???」となっている投資家の卵たちが、徐々にこちら側へと来るのです。

いきなり大金を投資に投じる初心者は、やはりそう多くはないでしょう。いれたてのお風呂の湯加減を見るように、おっかなびっくり少しずつ投資の世界に触れてゆく人が大多数のはず。株なんてほんとに儲かるのかなあ? なんて思いながら。

かつて自分も通った微笑ましい道です。

「少額投資」がこれからの重要なキーワードになる

若い投資初心者たちが始めるのが、「少額投資」です。

小さな額で投資する。一昔前までは、投資するだけで結構コストが掛かっていたようで、さらに少額でとなるとどうしても効率が悪かったようです。

しかし、時代は変わりました。取引手数料は全体的に大きく下がり、新たなサービスも次々生まれています。今や少額で投資する方法も、CFDやワンタップバイ、ゼロETFやNISA関連など上げればキリがないほどたくさんあります。

当然、証券会社の側も少額投資の需要があるから、それに向けてサービスの開発をしています。

さらに、取り残された30代、40代も遅ればせながら投資に取り組まざるを得ない状況です。終身雇用は崩壊、年金もらえるのは75歳から!? となれば生きるために自分でなんとかするしか!

しかし30代、40代は貧乏です。コイツラは(あっ、コイツラ言うてもうた)、日本が20年掛けて貧乏になってゆく過程(つまりデフレ)をモロに食らった世代です。貧乏くじを引いたのです。

当然可処分所得は少ないですから、コイツラも投資をするなら「少額投資」です。

まとめるとつまり、日本国民全体がこれから向かうのが「少額投資」の世界なわけです。

「少額投資」はまだ情報不足

しかし、少額投資がこれから重要だとしても、その情報は今はまだ十分とは言えません。

ワンタップバイと検索すれば、「初心者がワンタップバイで100万円の利益を上げる方法」なんてバカな記事が出てきます。

CFDと入れても、あまりに不人気でまともに更新しているブログもありません。

これではいけない。

これでは、狙っているカモを横取……ごほんごほん! 無垢な投資初心者に対して間違った投資のイメージを植え付けてしまう。これではいけない!

情報がないなら、自分が書けばいい

「少額投資」の実践的で実用的な情報が見当たらなければ、自分が率先して書けばいい。こっからは真面目です。

自分で少額投資をやってみて、感じたこと思ったこと気がついたことを、これから少額投資を始める誰かのためにコツコツ書いていく。素敵じゃないですか。

これは何も、ぼくだけに当てはまることではありません。

これを読むあなたも、書けるんです。あなたの知っている「少額投資」の情報をぜひ、書いてください。

インターネットの世界はこれからますます拡がっていきます。検索するだけでなく、検索される側になればきっと、もっと、世界が違って見えますよ。

しばらくテーマはワンタップバイ。でも……

そんなわけで、オザワークスは今後も配当金をもらいながら「少額投資」をテーマにブログを続けていきます。

とりあえずCFDについては、ある程度の大きな流れは書きました。あと細かい話はいくらでもありますが、まあこれはぼちぼち。

次なるテーマは、ワンタップバイです。少額投資で米国株と来れば、この変わった証券会社を書かないわけにはいきません。

でもちょっと問題が。

ワンタップバイの口座開設アフィリエイトがねぇぇぇぇぇぇ!

どっこ探してもねえ。ちょっと前までアクセストレードにあったらしけど、今はねえ!

何たる不運。おかげで早くもモチベがポキっと折れそう。

……まあ、アドセンスくんも居るからムダにはならない、そう思ってマイペースにがんばります。

と、オチも付いたところで今週はここまで。オザワークスでした。

2018年毎日配当カレンダー

2018年4月25日

2018年末ポートフォリオ&配当金

2018年4月23日

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。