はじめてのGMOクリック証券~少額投資家よ、取引手数料無料のCFDで米国株に投資しよう!





オザワークスです。

米国株に投資できる証券会社を紹介するシリーズ。今回は、CFDで米国株投資といえばこの会社、GMOクリック証券です。

GMOクリック証券は知ってるけど、あれ、あそこ米国株なんて扱ってたっけ? なんていう人も多いはず。

CFDは超マイナー、超悲しい。今日も人知れずCFDに力を入れるGMOクリック証券を紹介します。

GMOクリック証券は、7大ネット証券の1つ

GMOクリック証券は7大ネット証券の一つに数えられます。SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券が5大ネット証券として有名で、これに岡三オンライン証券とGMOクリック証券を加えて7大ネット証券。

7大ネット証券の一番隅っこに居るのがGMOクリック証券ですね。確かに業界1位のSBI証券や2位の楽天証券と比べると扱っている商品も国内株、投資信託、先物・オプション、債券、FX、そしてCFDと、CFD以外はややベーシックな感じ。ネット証券としてはこじんまりとした規模です。

でもCFDを取り扱っているところに独自性が見て取れます。

ていうかCFDってなんすか、という人はこちらを。

GMOクリック証券の外国株CFDで、できること、できないこと

2018年8月8日

少額投資に最適な外国株CFD。けどそもそもCFDとは?

2018年8月6日

7大ネット証券でCFDの米国個別株の取扱があるのは、GMOクリック証券だけ!

SBI証券や岡三オンライン証券なども公式サイトのトップメニューに「CFD」の文字はありますけど、あれは取引所CFD(くりっく株)というまたちょっと違うやつで、米国株のそれも個別株を取引するようなものではありません。

個別株までサポートしてくれているのは、7大ネット証券ではGMOクリック証券だけです。数年前まで楽天証券がCFDで米国個別株をやってましたけど、辞めちゃいました。多分、全然人気が出なかったのでしょうね。

その不人気の結晶とも言えるCFDでの米国個別株を、あえて取り扱ってくれているGMOクリック証券さんったら素敵!

米国個別株に取引手数料無料で投資できるのは、日本でGMOクリック証券だけ!

少額投資家のみなさ~ん、朗報ですよぉ! 世界最強の米国株に投資したい! でも取引手数料がお高いのよねぇ。 そんな少額投資家の悩みをGMOクリック証券のCFDなら解決できます!

なんと、米国株の取引手数料が無料、ゼロなのです!

【AMZN】アマゾンでも【FB】フェイスブックでも、手数料無しで取引し放題です。

まあぼくは配当大好き人間ですので、アマゾン等無配の企業は買わないんですが、代わりに【F】フォード・モーターや【T】エーティー・アンド・ティーなどの高配当銘柄を買っています。CFDであってもちゃんと配当ももらえます。

取引手数料無料だからこそできる、毎月数千円ずつ米国株を買ってゆくコツコツ少額投資

取引手数料が無料だから、コツコツ毎月数千円ずつ米国株を買ってゆく、少額からの積立投資みたいなこともできます。もちろん買った株から配当金をもらいながら。

現物の米国株では取引手数料ばかり払うことになってしまって、少額でのこういうコツコツ投資はできないでしょう。

SBI証券に米国株式の定期買付サービスというのがありますが、あれ、取引手数料は一切負けてくれませんからね。毎月5000円分の米国株を買って、毎月5.4ドル(約600円)の取引手数料です。無理筋~。

GMOクリック証券のCFDで、自分で米国株を積み立てたほうがよっぽどいいです。

GMOあおぞらネット銀行との共同サービス「証券コネクト口座」で預金金利150倍!

その他便利なサービスとしては、同系列のネット銀行であるGMOあおぞらネット銀行とGMOクリック証券のコラボ、「証券コネクト口座」です。これは両社に口座を開くことによって利用可能になる、証券と銀行の連結サービスです。

証券コネクト口座に資金を置いておけば、証券口座にいちいち動かさなくてもそのまま株が買える、取引に使える。これは便利。

それだけではなく、利息の付かない証券口座とは違って、証券コネクト口座なら年0.15%の利息が付きます。大概の銀行普通預金の利率が0.001%という中で、これは大変立派な数字でしょう。

証券とか投資とか抜きにして、純粋に生活のための決済口座としても良いかもしれません。

もちろん投資にも使えますよ。CFDで米国株に投資して、余ったお金は、とりあえず証券コネクト口座へ置いておく。正直、年利0.15%では大した利息にもなりませんが、それでもないよりはマシです。使える道具はすべて、有効活用しましょう。

注意。文中にある証券コネクト口座の年利0.15%という数字は、優遇金利キャンペーンによるものです。キャンペーン期間は、2018年8月3日~2018年12月31日の間に証券コネクト口座を開設し、そこから6ヶ月間です。キャンペーン期間が終わると通常金利の0.11%となります。

まとめ。なんといっても取引手数料無料のCFD!

GMOクリック証券のまとめです。

GMOクリック証券の魅力はなんと言っても、取引手数料無料のCFDです。手数料なしで米国株を買えるんですから、こりゃあもうやるっきゃないでしょう。

少額投資最強のツールです。

その他に関しては、至って平凡です。まあ、目立った短所もないですかね。

オザワークスはGMOクリック証券のCFDで米国株に投資しています。

手数料なし、マジで!? と思った方はこちら↓で詳しい説明見られます。
外国株訴求B

GMOクリック証券は少額投資家の味方だよ。

オザワークスでした。

CFDにおける配当金、「権利調整額」の秘密

2018年8月29日

GMOクリック証券への入金方法。CFD口座への入金に関する注意

2018年8月27日

GMOクリック証券でCFD取引口座を開設する手順。その際の注意点

2018年8月20日

GMOクリック証券公式のCFD解説ページを、配当投資家目線でツッコミまくる!

2018年8月15日

GMOクリック証券のCFDサービスが何故優れているのか? 他のCFD業者と比べてみた

2018年8月13日

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。