配当が入ら~ん! 7月下旬にピンポイントで配当金を出してくれる銘柄を探そう!

オザワークスです。

7月ももう終盤戦。ここにきて配当金の入りが悪いです。

なんとかならないものでしょうか。

7月下旬の配当入金はスカスカ

7月下旬は、配当金の入りが悪い。

2022年7月 $302.96 ¥3585
          1
$2.76
2
3 4
¥840
5
$27.14
6
$12.89
¥702
7
$20.58
¥528
8
$32.68
9
10 11
$44.81
12
$51.81
¥345
13
$54.02
14 15 16
17 18 19 20
$38.66
21
17.01
22 23
24 25 26 27
$0.60
¥1170
28 29 30
31            

前半と比べるとスキマだらけ。

これでは毎日配当入金など夢のまた夢です。

そして米国株の多くは3ヶ月ごとの年4回配当です。

ということは、7月だけじゃなく1月、4月、10月の下旬もこんなふうに配当金の入りが悪いわけです。

この状況を何とかするべきと考えるならば、やることは1つ。

この配当の少ない時期に入金してくれる銘柄を新たに買い付ければよいのです。

そんな便利なサービスはない

ですが、7月の下旬に配当を出してくれる銘柄ってどこに行ったら分かるのでしょう?

答え、そんな便利なサービスやサイトはどこにもないので、自分で手間をかけて探すしかありません。

ということなんですよ。

一応このブログにも各銘柄の配当金支払い日一覧表はあります。ぼくの保有銘柄に限られますが。

米国個別株&海外ETF 配当支払い日・権利落ち日一覧

2020年11月26日
この記事ももう2年前になるんだな。大分古い情報になってしまっている。

ちょっと話は横道にそれますけど、このブログの目標の1つとして、ぼくの保有銘柄それぞれに紹介ページを作り、その紹介ページと配当金の支払い一覧表をリンクさせる、みたいなことがやりたいんですよ。

一覧表から銘柄のページに飛んで配当額を確認したり、逆に銘柄のページから一覧表に飛んで他にめぼしい銘柄ないかな、とか探したり……。

そんな米国株の配当に関してはすべてわかるようなサイトにしたいんです。

したいんですが、いざそれを作るとなると必要となる労力がすさまじ過ぎて頓挫している状態です。

いつかやろう、そう思っているうちにどんどん年だけとっていく。

情けないことです。

配当支払い日を調べる方法あれこれ

はい、余計な話でした。

では、実際に7月下旬に配当を出してくれる銘柄を探してみましょう。

とりあえず米国個別株の一覧表が欲しいですね。これでいいや。

米国株時価総額ランキング2022年7月 聞こえてきた米国景気後退の足音。不況が来ると株価は上がる? それとも下がる?

2022年7月4日
この時価総額上位の銘柄の配当支払い日を上からシラミ潰しに調べていきます。

調べる方法としては主に3つ。

その1、証券会社のサイト。

米国株の取扱いのあるネット証券では、大体どこでも配当金の支払い情報などを見ることができます。

マネックス証券と楽天証券が見やすくていいですね。SBI証券にはそんなサービスはありません。

その2、それぞれの企業の公式サイト。

それぞれの企業の公式サイトでも大概配当金の情報を見ることができます。

大体「Investor Relations」⇒「Stock Information」⇒「Dividend History」て感じでサイトを見ていけばいいと思う。そういった情報を公開していない企業も何故かある。

その3、投資情報サイトを見る。

米国株の配当の情報に特化した投資情報サイトがあります。

Dividend.comというサイトです。ここでも大体の銘柄はわかります。

実際の入金日は現地支払日の数日あと

そうそう、大事なことを。

さっきから「支払い日、支払い日」と言っていますけど、これは米国現地での配当支払い日です。

米国の証券会社に口座を持っている投資家には、この現地支払日に配当金が入金します。

注意が必要なのは、我々のように日本の証券会社で米国株を保有している場合、配当の入金が現地支払日より数日遅れる、ということです。

何日遅れるのかはあんまり確たることは言えません。

同じ銘柄でも証券会社によって違いますし、銘柄によってもまちまちです。

概ね数日遅れる、とは認識しておきましょう。

米国株投資と毎日配当の実現性

そして調べた結果がこちらです。

キリがないので時価総額の上位10銘柄だけにしました。

シンボル 銘柄 配当支払い日
AAPL アップル 2/10・5/12・8/12・11/11
MSFT マイクロソフト 3/10・6/9・9/8・12/9
UNH ユナイテッドヘルス・グループ 3/22・6/28・9/21・12/14
JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 3/8・6/7・9/7・12/7
V ビザ 3/1・6/1・9/1・12/7
TSM 台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー 1/13・4/14・7/14・10/13
XOM エクソン・モービル 3/10・6/10・9/10・12/10
NVDA エヌビディア 3/24・7/1・9/23・12/23
PG P&G 2/15・5/16・8/16・11/15
WMT ウォルマート 1/3・4/4・5/31・9/6

7月下旬に入金してくれそうな銘柄は、この中にはなさそうですね。

TSMがちょっとおしいかな。

こんな感じで本当に手作業で探して行くしかないんですね。

探す方はがんばってください。

しかし、こう見てみるとたった10銘柄でも米国企業の配当支払い日は本当にてんでバラバラ、フリーダムですね。

この米国株たちを本当にすべて買い揃えたら、マジで毎日配当金を入金させることができるんじゃないかと思えてきますね。

いや、それをやっているんですけどね。

いつの日か。

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。