金融・政治・経済・歴史

世の中のこと

市町村長選挙、地方議会選挙。めんどくさい地方選挙で簡単にかつ的確に投票先を選ぶ方法、教えます

オザワークスです。 また選挙、それも市議会議員の補選? 正直めんどくさいなあ。 そんな人は必見。 簡単に候補者を絞る方法、教えます。 おらが街では3カ月連続で選挙だっちゃ 9月21日です。 ぼくの住む長野県塩尻市では現在…

世の中のこと

金融教育は投資を学ぶことではなく、金融政策を学ぶこと。正しい金融教育が正しい有権者を育て、ひいては日本経済を発展させる

オザワークスです。 メディアで金融庁が「これからは金融教育を」なんて言っているけど、中身は投資の話ばかり。 違う。 金融教育はそんな上っ面なものじゃない。 正しい金融教育が正しい有権者を育て、ひいては日本経済をもう一度盛…

世の中のこと

岸田総理の内閣改造。心配なのは米国株の行く末ではなく、日本の行く末。急いでお金持ちになろう

オザワークスです。 岸田改造内閣が発足しましたけど……主要閣僚がとっても不安なメンツのままです。 ぼくは米国株の未来は何ら心配していませんけれど、日本の未来はとても心配だなあ。 最悪の内閣改造 岸田改造内閣が発足しました…

米国株・今週の配当

今週の配当8月第1週 台湾で戦争!? 有事のとき株は買い? 売り? 下がったら間違いなく買い!

オザワークスです。 ペロシちゃんのおかげで東アジアが一気にキナ臭くなってきました。 もしも台湾で戦争が起こった場合、米国株はどうなってしまうのでしょうか? とりあえず今週も配当から。 台湾で戦争か!? 米国の下院議長ペロ…

世の中のこと

今週の配当7月第5週 景気が後退しているのに米国株は何故上がる? 何故円高? 株と為替先取りのヒミツ

オザワークスです。 最近米国株が上がって来てくれて、ぼくも元気と自信が出てきました。 でも米国の景気は悪化しているって聞きます。 景気が悪いのに株価が上がるのって何故なんでしょう? では今週も配当から。 景気悪化でも株価…

世の中のこと

金融緩和の有無。参院選で投票先を選べない人は、経済最優先のぼくの考え方を参考にしてみて

オザワークスです。 参院選始まりましたね。 正直言って、誰にいれたらいいのかどう考えたらいいのかわからなくないですか? ぼくの考え方で良ければ参考にしてみてください。 選挙を難しく考えすぎていませんか? 選挙、正直めんど…

米国株・今週の配当

今週の配当6月第4週 米国の利上げが思ったよりも急激な件。インフレ、利上げ、米国の景気、この先米国株はどうなる?

オザワークスです。 絶賛利上げ中の米国ですが、前回2015年の利上げと比べて明らかに急です。 この急激な利上げが何をもたらすのか。 この先を予想しました。 とりあえずは今週も配当から。 残念なことに連続毎日配当が途切れて…

金融・政治・経済・歴史

米国株は下がっても不安はない。岸田政権の日銀人事から見える来年以降の日本、地獄の始まり

オザワークスです。 なにやら米国株が下がっていますがぼくは全然心配していません。 逆に心配なのはいつも日本です。 どうしてこうも正しい経済政策が打てないのか。 岸田政権は黄昏の日本経済に止めを刺しに来た最凶の刺客に思えて…

米国株・今週の配当

今週の配当4月第2週 ロシアが戦争仕掛けてくれたおかげで儲けることができた。プーチンさんありがとう、そしてさようなら

オザワークスです。 よく考えてみるとぼくはロシアがウクライナに侵攻してくれたから、今年儲かっているフシがあります。 ありがとうロシア、ありがとうプーチン。 でもさあ、やって良いことと悪いことがあるよなあ。 もう許されない…

世の中のこと

ロシアのウクライナ侵攻で肥料メーカーの株価が爆上げ。次は兵器メーカーか? 世界情勢と経済の結びつきを考えよう

オザワークスです。 何だか最近保有株が次から次へと株価を上げてくれます。 今度来たのは、肥料メーカー。 どうして今、肥料メーカーの株価が上がるのか? 肥料メーカー爆上げ 最近、自分の保有銘柄の中で肥料メーカーの株価がグン…

米国株CFD

米国株CFD、配当利回りランキング2022年2月 ウクライナに侵攻したロシアの株式が暴落している。プーチン閣下、失敗だったのでは?

オザワークスです。 米国株CFDの配当利回りランキング2022年2月です。 米国株CFD、配当利回りランキング2022年2月 GMOクリック証券でぼくがやってる米国株CFDレバレッジ2倍配当投資。 それの配当利回りランキ…

米国株・今週の配当

今週の配当2月第3週 緊迫!ウクライナ! 実は日本にはロシアの暴挙を止められるとっておきの方法があった!

オザワークスです。 いや~、ウクライナ情勢が一層緊迫の度合いを増していますね。 でもロシアの暴れん坊プーチンを止めるとっておきの方法が日本にはあるんですよ。 まずは今週の配当から行きましょう。 誰が何と言おうと侵略してい…