NISA制度が拡大・改良される裏側でしっかりと増税が進行中。恐るべし財務省のアメとムチ

オザワークスです。

なんかマスコミではNISAの制度がもうすぐ変わるぞ、なんてことが騒がれております。

近々非課税枠が増えたり、非課税の期間がより長くなったりするらしいです。

それはいいんだけど、そんな話を聞くとぼくは逆に心配になってしまいますね。

あの財務真理教の狂信者たちがそんな国民に甘いわけがないですから。

NISA制度は良くなるらしい

なんか、朝のめざましテレビだかで見ましたよ。

岸田政権の「資産所得倍増計画」とやらで、現行の一般NISAとつみたてNISAの制度を今後変えていくようですね。

資産所得というのは、労働ではなく資産から生み出される所得、つまりは収入のことです。

それを倍増させると。

それはそうなってくれたらいいですね。

そのために、現行のNISAの非課税の投資枠と非課税の期間をどちらも増やすそうです。

ショボい。そんなんで国民の資産所得が倍になるかよ。

でもまあ、やらないよりはいいでしょう。

NISA制度がどう変わるのかを詳しく知りたい人は自分で調べてね。

逆にNISA口座以外は課税強化だね

はい、ここからはマスコミが報じないこと。

NISA制度が拡大・改良されるのはいいんだけど、ぼくはそれと引き換えに増税が行われる気がしています。

これ、そういうパターンでしょ。

折りしも防衛費をGDPの2%まで引き上げるという話が同時に出てきていますね。

こういう話になると必ず現れるのが「財源がない」という財務省。

で、財源がないなら増税しましょう。

ちょうどNISA制度を拡大しますね。

ではその代わり、NISA口座以外での課税を強化しましょう。

現行は株を売って利益が出れば約20%の税金を取っていたのを、もっと税率上げましょう。

え、嫌だ? 何ですか? じゃあ防衛費あげなくていいんですか?

こういうのが財務省の増税の手口です。

小さなアメとでっかいムチがセットなのです。

資産所得倍増とか寒いギャグですね。

増税ダメージは全国民へ

自分は資産なんてあんまりなくて、投資はつみたてNISAだけだからダメージないよ、って人は失礼ながら甘いです。

例えば、来年から資産所得課税強化するよ、増税するよってなった場合、税率の低い今年のうちに株を売る人が続出しますから、もう今年から日本株の株価がダダ下がりになります。

増税すると今あるあなたの資産が減るんです。

それから、資産所得への課税強化ってはっきり言って増税したところでそんなに税収増えません。

なので悪魔の財務省が目指すところは結局消費税の増税です。

資産云々はその下地というかオマケみたいなものですね。

安倍・菅時代が懐かしい

岸田政権のような親財務省的な政権だと結局増税話が止まりませんね。

安倍・菅政権の時代はこんなに増税話はなかった。

やっぱり違うなあ、トップで。

親財務省でかつ親中国とか、先頭切って日本滅ぼしに行ってどうすんだよ。

岸田とかこいつ早く辞めねえかな。

まあそんな感じの日本なんで、NISA制度がちょっと良くなったぐらいではどうにもなりませんね。

もっと国家中枢がダメになっています。

何としてもお金持ちになって自分の人生を守ろう。

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。