ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2020年12月号 配当利回りを「層」で考える

オザワークスです。

スマホ証券One Tap BUY(ワンタップバイ)で始める米国株投資。

12月も配当利回りランキングのお時間がやってまいりました。

何故だか知りませんが、ワンタップバイの配当利回りランキングの記事は、結構評判が良いのですよ。

やっぱり、ワンタップバイに銘柄スクリーナー的なものがないからでしょうか。まとめて配当利回りを見ることができないのですね。

なるほど。であれば、当ブログも少しは皆さまのお役に立てているのですかね。

え? ごたくはいいから早くランキングに行けって?

ああ、そう……。

ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2020年12月

はい、というわけでワンタップバイで取り扱っている米国株&海外ETFの配当利回りランキングです。

ランキング記事が好評ということもあり、配当利回り◯%以上などと抜粋はせずに全136銘柄の利回りを載せます。

まあ、結局毎月全銘柄の利回りは調べているので、手間としてはそれほど変わらなかったりします。

今回は少し趣向を変えて、配当利回りの層ごとにぼくがひと言コメントするスタイルにしてみました。

では行きましょう。

配当利回り5%以上、超高配当銘柄

12月 シンボル 銘柄 12月
配当利回り
11月
配当利回り
1 ARCC エイリスキャピタル 9.71% 10.27%
2 XOM エクソンモービル 8.29% 9.64%
3 MO アルトリア・グループ 8.01% 8.52%
4 MAIN メインストリート 7.84% 7.94%
5 T AT&T 7.16% 7.19%
6 CVX シェブロン 5.99% 6.21%
7 PM フィリップ・モリス・インターナショナル 5.70% 6.32%
8 IBM IBM 5.28% 5.57%
9 DOW ダウ 5.08% 5.38%
10 OIH ヴァンエックベクトル石油サービス 5.02% 4.87%
11 ABBV アッヴィ 5.01% 5.25%

配当利回りが5%以上の超高配当銘柄です。

こういう銘柄は確かに配当は良い。

しかし、高い配当を維持するために企業の成長力が犠牲になっているかもしれません。

不意の減配も怖い。

あなたがお持ちの超高配当銘柄。株価が全然上がっていかない、なんてことありませんか?

配当利回り3~4%、いわゆる高配当銘柄

12月 シンボル 銘柄 12月
配当利回り
11月
配当利回り
12 HYG iシェアーズiBoxxドル建ハイイールド社債ETF 4.93% 5.35%
13 PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF 4.83% 4.82%
14 KHC クラフト・ハインツ 4.62% 5.06%
15 XRX ゼロックス 4.46% 4.62%
16 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 4.21% 4.11%
17 PFE ファイザー 4.17% 3.93%
18 EMB iシェアーズJ.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETF 3.91% 4.00%
19 MMM スリーエム 3.34% 3.46%
20 C シティグループ 3.33% 4.19%
21 MRK メルク 3.27% 3.00%
22 HPQ HP 3.23% 3.59%
23 CSCO シスコシステムズ 3.20% 3.47%
24 BMY ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 3.16% 2.82%
25 KO コカコーラ 3.10% 3.06%
26 AMGN アムジェン 3.09% 2.69%
27 CPB キャンベル・スープ 3.06% 2.84%

こちらは配当利回りが3~4%台の銘柄たちです。

利回りが3~4%台というのは、ぼく個人的には一番普通の高配当銘柄って感じです。

高い配当を出すために歯を食いしばっているわけでもないのに、気が付いたら高配当。そんな感じ。

企業の成長にもじっくり取り組みつつ、しっかりと配当も出す。

配当狙いの投資で一番買いやすいレンジかもしれません。

配当利回り1~2%、普通銘柄

12月 シンボル 銘柄 12月
配当利回り
11月
配当利回り
28 LMT ロッキード・マーチン 2.97% 2.77%
29 BX ブラックストーン・グループ 2.96% 3.40%
30 JPM JPモルガン・チェース 2.91% 3.15%
31 INTC インテル 2.84% 2.90%
32 USIG iシェアーズブロード米ドル建投資適格社債ETF 2.83% 2.91%
33 PEP ペプシコ 2.81% 2.82%
34 RTX レイセオン・テクノロジーズ 2.72% 2.87%
35 JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 2.64% 2.69%
36 TXN テキサス・インスツルメンツ 2.51% 2.60%
37 TRV トラベラーズ 2.46% 2.52%
38 MCD マクドナルド 2.43% 2.41%
39 BAC バンク・オブ・アメリカ 2.42% 2.66%
40 PG P&G 2.29% 2.19%
41 CAT キャタピラー 2.28% 2.39%
42 FXI iシェアーズ 中国大型株ETF 2.24% 2.36%
43 HD ホームデポ 2.21% 2.16%
44 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 2.18% 2.17%
45 HSY ハーシー 2.14% 2.08%
46 SUSA iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETF 2.03% 1.61%
47 GS ゴールドマン・サックス 1.94% 2.28%
47 NOC ノースロップ・グラマン 1.94% 1.86%
49 LHX L3ハリス・テクノロジーズ 1.83% 1.74%
50 CMCSA コムキャスト 1.82% 1.87%
51 QCOM クアルコム 1.77% 1.80%
52 SBUX スターバックス 1.74% 1.88%
53 EWZ iシェアーズMSCIブラジルETF 1.73% 3.29%
53 YUM ヤム・ブランズ 1.73% 1.82%
55 TGT ターゲット 1.58% 1.66%
56 SPY SPDR S&P500 ETF 1.54% 1.58%
57 TLT iシェアーズ米国国債20年超 1.50% 1.44%
58 EEM iシェアーズMSCIエマージング・マーケットETF 1.49% 1.84%
59 ORCL オラクル 1.48% 1.68%
59 UNH ユナイテッドヘルス・グループ 1.48% 1.40%
61 AXP アメリカン・エキスプレス 1.47% 1.49%
61 WMT ウォルマート 1.47% 1.43%
63 WFC ウェルズ・ファーゴ 1.35% 1.66%
64 MCHP マイクロチップ・テクノロジー 1.06% 1.16%
65 AMAT アプライド・マテリアルズ 1.01% 1.20%
66 MSFT マイクロソフト 1.00% 1.03%

配当利回りが1~2%台の銘柄群です。

いわゆる普通の銘柄で、一番バラエティ豊かな層に当たります。

古くからの大企業からぼちぼちハイテク新興企業も出てきます。

ぼくが一番オススメしたいS&P500に連動するETFはいつもこのレンジですね。

迷ったら、【SPY】SPDR S&P500ETFが良いと思います。

配当利回り0%台、配当はないと思え銘柄

12月 シンボル 銘柄 12月
配当利回り
11月
配当利回り
67 FDX フェデックス 0.95% 0.95%
68 EL エスティ・ローダー 0.83% 0.83%
69 DPZ ドミノ・ピザ 0.78% 0.80%
70 NKE ナイキ 0.76% 0.76%
70 COST コストコ 0.76% 0.73%
72 AAPL アップル 0.63% 0.68%
73 INTU インテュイット 0.62% 0.66%
73 ZTS ゾエティス 0.62% 0.48%
75 V ビザ 0.61% 0.60%
76 SHV iシェアーズ 米国短期国債 ETF 0.60% 0.90%
77 QQQ インベスコQQQ信託シリーズ1 0.56% 0.56%
78 MA マスターカード 0.52% 0.47%
79 ATVI アクティビジョン・ブリザード 0.46% 0.52%
80 GE ゼネラルエレクトリック 0.37% 0.43%
81 DHR ダナハー 0.31% 0.30%
82 CGNX コグネックス 0.29% 0.33%
83 NVDA エヌビディア 0.12% 0.12%

配当利回りが0%台の銘柄たちです。

配当利回りが1%を切ると、体感的には配当金がすごく少なく感じます。

(あんなに投資してるのにこれしかもらえないの?)的な。

このくらいの銘柄になると、そもそも配当など出ていないという気持ちで投資したほうが良いかもしれません。

銘柄は、ハイテク・成長銘柄が多くなりますね。

ハイテク多めのETF、【QQQ】インベスコQQQ信託シリーズ1はいつもこの辺にいます。

たま~に、大減配をした「元」高配当銘柄が紛れ込んでいることも。

さて、ここから先は無配銘柄になります。

でも、無配銘柄といっても、好きで無配でいるヤツと否応なく無配に転落してしまった哀しい銘柄があります。

配当利回り0%、無配「転落」銘柄

12月 シンボル 銘柄 12月
配当利回り
11月
配当利回り
84 GM ゼネラルモータース 0% 0%
85 DIS ウォルトディズニー 0% 0%
86 GPS ギャップ 0% 0%
87 TPR タペストリー 0% 0%
88 BA ボーイング 0% 0%
89 RL ラルフローレン 0% 0%
90 DAL デルタ航空 0% 0%
91 FCX フリーポート・マクモラン 0% 0%

ここは配当利回り0%。無配も無配、無配「転落」の一丁目です。

元々配当を出していたのが、何らかの事情で配当を出せなくなってしまった銘柄たち。

まあ、大体が新型コロナの影響なんですけどね。

彼らは今日も虚ろな目で、復活を夢見てもがき続けます。

【GM】ゼネラル・モーターズが2021年中ごろからの配当の復活を検討しているそうです。

復活できるといいですね。

GMが2021年半ばでの配当再開を検討中。病み上がり企業へ投資すべきかどうか?

2020年12月14日

配当利回り0%、成長全振り銘柄

12月 シンボル 銘柄 12月
配当利回り
11月
配当利回り
92 GLD SPDRゴールド・シェア 0% 0%
93 SPXL Direxion S&Pブル3倍 0% 0%
94 SPXS Direxion S&Pベア3倍 0% 0%
95 TMF Direxion20年超米国債ブル3倍 0% 0%
96 TMV Direxion20年超米国債ベア3倍 0% 0%
97 EDC Direxion新興国株ブル3倍 0% 0%
98 EDZ Direxion新興国株ベア3倍 0% 0%
99 DRN Direxion米国リートブル3倍 0% 0%
100 DRV Direxion米国リートベア3倍 0% 0%
101 AMZN アマゾン 0% 0%
102 GOOGL アルファベット 0% 0%
103 FB フェイスブック 0% 0%
104 TWTR ツイッター 0% 0%
105 TSLA テスラ 0% 0%
106 ADBE アドビシステムズ 0% 0%
107 BKNG ブッキング・ホールディングス 0% 0%
108 CRM セールスフォース・ドットコム 0% 0%
109 NFLX ネットフリックス 0% 0%
110 PYPL ペイパル・ホールディングス 0% 0%
111 SQ スクエア 0% 0%
112 AMD アドバンスト・マイクロ・デバイセズ 0% 0%
113 BRK.B バークシャー・ハサウェイ 0% 0%
114 BYND ビヨンドミート 0% 0%
115 ISRG インテュイティブ・サージカル 0% 0%
116 MU マイクロン・テクノロジー 0% 0%
117 ROKU ロク 0% 0%
118 UBER ウーバーテクノロジーズ 0% 0%
119 AVLR アバララ 0% 0%
120 BSX ボストン・サイエンティフィック 0% 0%
121 CSGP コスター・グループ 0% 0%
122 LULU ルルレモン・アスレティカ 0% 0%
123 SHOP ショッピファイ 0% 0%
124 SNAP スナップ 0% 0%
125 CRWD クラウドストライク・ホールディングス 0% 0%
126 DOCU ドキュサイン 0% 0%
127 LYFT リフト 0% 0%
128 MRNA モデルナ 0% 0%
129 NET クラウドフレア 0% 0%
130 OKTA オクタ 0% 0%
131 PANW パロ・アルト・ネットワークス 0% 0%
132 PTON ペロトン・インタラクティブ 0% 0%
133 PINS ピンタレスト 0% 0%
134 WORK スラック・テクノロジーズ 0% 0%
135 ZM ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ 0% 0%
136 ZNGA ジンガ 0% 0%

同じ配当利回り0%でも、こちらは希望に満ち溢れた成長銘柄たちです。

これから世界的な企業になるのか、まだ無名な銘柄が多いですね。

資金は企業の拡大に全振り。配当なんて無駄ごとに資金は使ってられねえぜ! ってなもんですか。

こうして見るとワンタップバイは、無配当銘柄の取り扱いが多いですね。

彼らの成長に期待しましょう。

また来月、と思ったらもう来年だった

というわけで、12月の配当利回りランキングは、配当利回りの「層」に着目して銘柄たちを見てみました。

自分で言うのもなんですが、なかなか面白い見方なのではないでしょうか。

もちろん、これはぼくの個人的な分析であり、高配当銘柄の株価が上がることもあれば、無配銘柄が全然成長しないことだってざらにあります。

投資って難しいのねん。

皆さんも色々、角度を変えて考えてみてくださいね。

それでは、また来月お会いしましょう。

ていうか、来月ってもう新年だ。

2021年も、どなた様も健やかでありますように。

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。