有名な株価指数にもまるごと投資できるのが魅力。ETFとは?





オザワークスです。

楽しい投資用語解説の時間です。今回は、

ETFってなんだろう? ということで、ETFを解説します。

ETFとは?

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、日本語で言うと「上場投資信託」です。

そうです。ETFとは実は投資信託の一種なのです。

しかし、普通の投資信託が決まった販売業者から買うのに対して、ETFは株式市場で売買されます。普通の株と同じように株式市場に「上場」している投資信託なのですね。

取引したり保有したりする感覚は、ほとんど株と同じ

ETFは、普通の米国株のように取引手数料を支払って取引します。1口から買えて、1口から売れます。

配当のあるものは、保有数に応じて定期的に配当がもらえ、もちろん価格も変動します。

ETFに投資する感覚は、基本的には個別株に投資するのと同一です。

ただ、個別株とETFではその中身が異なります。

ETFの中身は株式、債券、様々

投資信託は、投資家から預かった資金を様々な投資先へと分散して投資します。ETFでもそれは同じです。ETFごとに株式や債券、金銀や原油などの商品まで本当に様々です。

多くのETFは指数(インデックス)というものをなぞるようにしてできています。指数とは、代表的なもので日経平均やダウ平均、S&P500などの株価指数があり、他にも債券の指数や商品指数など数多あります。

ETFはそういった指数と同じ構成銘柄、構成比率に調整され、値動きも指数とほとんど同じように動きます。一言でいえば、ETFは指数を真似るのです。

例えばダウ平均を真似る、【DIA】SPDRダウジョーンズインダストリアルアベレージというETFがあります。このETFには、ダウ平均30銘柄が組み込まれ、株価はダウ平均と同じ動きをします。配当もダウ30銘柄に均等に投資した額をもらえます。

ダウ平均を真似る。言い方を変えると、DIAというETFを1つ買えば、ダウ平均30種すべての銘柄に投資したことになるのです。

こうした投資効率の良さが、ETFの魅力の1つです。

ETFのメリット・デメリット

ETFの大きなメリットは、上にも挙げたように投資効率の良さです。ダウ平均30銘柄はまだ手の届く数字としても、S&P500は計500銘柄からなる株価指数です。500銘柄を自分で買い揃えようとしたら、とんでもない取引手数料がかかってしまいます。

それが、【SPY】SPDR S&P500を買えば、たった1度の取引で500社にまとめて投資することができます。効率は抜群です。

また、数十ないし数百銘柄が1セットになったETFに投資するということは、自然と分散投資することにも繋がります。

たった1銘柄だけに投資していて、その銘柄がもし倒産してしまったら、すべてが終わりです。ところがS&P500全体に投資しておけば、たとえその中の1社が潰れたとしても、影響はたったの500分の1。被害は軽微です。

株式投資は分散投資が基本ですが、ETFであればそれも簡単にできるのです。

さて、ETFのデメリットですが、ETFも投資信託なので、投資家から集めた資金を運用するときにコストが発生します。ETFがETFであるためのコストですね。このコストが運用リターンから差し引かれます。経費率というものです。

ただ、昨今この経費率はかなり下がってきており、正直、デメリットと言うほどのものではないです。ある程度規模の大きいETFでは、経費を気にする必要もないでしょう。

代表的なETF紹介

最後に、代表的なETFを紹介します。まあ、この辺を買っときゃ大丈夫です。

ティッカー ETF名 連動指数 年間
配当回数
DIA SPDRダウジョーンズ
インダストリアルアベレージ
ダウ平均 12回
SPY SPDR S&P500 S&P500 4回
HDV iシェアーズ・コア米国高配当株 米国高配当株 4回
VYM バンガード・米国高配当株式 米国高配当株 4回
VT バンガード・トータル・
ワールド・ストック
全世界株式 4回

以上が、ETFの簡単な解説になります。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。