ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2020年10月号 10/28より米国株の取り扱い銘柄追加。新たなキャンペーンも始まる!

オザワークスです。

2021年からPayPay証券へと名前が変わるスマホ証券【One Tap BUY】(ワンタップバイ)の米国株配当利回りランキング、2020年10月号です。

早速行ってみよう!

ワンタップバイで米国株、配当利回りランキング2020年10月

ワンタップバイの米国個別株とETFの配当利回りランキングです。利回りが3%以上の銘柄を表示しています。

一番下の【SPY】SPDR S&P500ETFと【QQQ】インベスコQQQ信託シリーズ1はオマケです。オマケですが、一番オススメの銘柄です。

10月 シンボル 銘柄 10月
配当利回り
9月
配当利回り
1 ARCC エイリスキャピタル 11.39% 11.61%
2 XOM エクソンモービル 10.18% 9.79%
3 MO アルトリア・グループ 8.80% 8.92%
4 MAIN メインストリート 8.18% 8.21%
5 T AT&T 7.47% 7.29%
6 CVX シェブロン 7.11% 6.83%
7 PM フィリップ・モリス・インターナショナル 6.44% 6.23%
8 DOW ダウ 5.76% 5.85%
9 OIH ヴァンエックベクトル石油サービス 5.68% 5.44%
10 IBM IBM 5.62% 5.41%
11 ABBV アッヴィ 5.59% 5.32%
12 KHC クラフト・ハインツ 5.10% 5.47%
13 XRX ゼロックス 5.06% 5.48%
14 HYG iシェアーズiBoxxドル建ハイイールド社債ETF 4.97% 5.46%
15 PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF 4.89% 5.45%
16 C シティグループ 4.64% 4.71%
17 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 4.33% 4.19%
18 EMB iシェアーズJ.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETF 4.11% 4.51%
19 PFE ファイザー 3.98% 4.19%
20 CSCO シスコシステムズ 3.70% 3.66%
21 HPQ HP 3.68% 3.82%
22 EWZ iシェアーズMSCIブラジルETF 3.49% 3.55%
23 JPM JPモルガン・チェース 3.46% 3.81%
23 MMM スリーエム 3.46% 3.62%
25 BX ブラックストーン・グループ 3.40% 3.62%
26 KO コカコーラ 3.24% 3.30%
27 MRK メルク 3.05% 2.94%
28 RTX レイセオン・テクノロジーズ 3.03% 3.17%
51 SPY SPDR S&P500 ETF 1.64% 2.13%
64 QQQ インベスコQQQ信託シリーズ1 0.70% 0.74%

【XOM】エクソン・モービルが利回り10%に到達。死期が近い……

10月の米国株相場はまあ変わらず。11月に結果が出る米国の大統領選挙待ちといったところでしょうか。

そんな中でも【XOM】エクソン・モービルと【CVX】シェブロンの石油2社は、配当利回りを上げています。

XOMが利回り9.79%⇒10.18%、CVXが6.83%⇒7.11%。XOMはとうとう10%を越えました。

これは言うまでもなく、2社の株価が下がっているからです。

他の業種が下がらないのに、何故石油銘柄は下がるのか?

それは、世界中の投資家が石油銘柄の未来に難ありと見て売っているからです。

みんながヤバいと思って売っている銘柄にそれでも投資するときは、よく考えて行いましょう。

投資は自己責任です。

ぼく個人的には、配当利回りが10%を超えてしまったらそりゃあダメです。

10月28日、米国株の取り扱い銘柄が増えて新たなキャンペーンも!

さて、本題。

2020年10月28日からワンタップバイで取り扱う米国株がまた増えるみたいです。加えて何らかのキャンペーンも行うようです。

⇒ワンタップバイ公式「新しい米国株を追加 10/28からキャンペーンはじまる」

この記事を書いている10/24の時点ではまだ詳細は明らかになっていないのですが、ティザーページで舞い踊る追加銘柄のロゴマークをいくつか読み取ると、

  • 【ORCL】オラクル IT
  • 【NOC】ノースロップ・グラマン 軍需
  • 【AMGN】アムジェン 製薬
  • 【WFC】ウェルズ・ファーゴ 銀行
  • 【WORK】スラック・テクノロジーズ IT?
  • 【ZM】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ IT?
  • 【CMCSA】コムキャスト 放送
  • 【TGT】ターゲット 小売

この辺の銘柄が追加されるようです。

古いものから新しいものまで、硬軟取り混ぜた追加銘柄たちですね。

テレワークで一気に注目された【ZM】ズーム・ビデオ・コミュニケーションズなんてとっくに追加されてませんでしたっけ?

これでまた銘柄選択の幅が広がりそうですね。

銘柄が増えると利回りランキングの作成が地獄に

さて、ワンタップバイの取り扱い銘柄が増えることは喜ばしいことなのですが、ブログを書くぼくからするとちょっと喜んでばかりもいられません。

このワンタップバイの配当利回りランキングは、ぼくが手作業でそれぞれの配当利回りを調べ上げてランキングを作っています。

取り扱い銘柄が増えるということは、その作業量の更なる増大を意味します。

正直ね、しんどいんですよ。

2016年、ワンタップバイは米国個別株30銘柄の取り扱いでスタートしました。

それがあれよあれよという間に2020年10月時点で個別株91銘柄、ETFが20銘柄まで増えました。

これでもまだ他の大手ネット証券と比べれば桁違いに少ないですが、それでも手作業で利回りを調べるのはなかなか大変です。

この先もっと銘柄が増えてくると、ちょっと物理的に追いつかなくなります。

それが心配ですね。

銘柄が増えてワンタップバイが使いにくくなりつつある。要改善!

というか、配当利回りに限らず、取り扱い銘柄が増えてきたことによってワンタップバイの使い勝手も悪くなってきています。

例えば、ワンタップバイのPC版サイトにログインすると、取り扱い銘柄がただずらずら~っと並べてあるだけです(スマホのアプリ版は知らない)。

これでは、お目当ての銘柄がどこにあるのか探すのだけで一苦労です。

30銘柄ならいざ知らず、90銘柄を超えてもこのままではやりにくさを感じます。

加えて銘柄の情報も何もわかりません。業績や、配当利回りで並べ替えることもできない。

ワンタップバイのこういうところはそろそろ改善が必要です。がんばってください。

といったところで、今回はここまでです。まだ来月のランキングでお会いしましょう。

スマホ証券【One Tap BUY】
(ワンタップバイ)の詳細な情報はこちらの公式サイトから。
One Tap BUY

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。