配当7/2 非正規雇用だけど、超有名ホテルのオーナーやってます





オザワークスです。

なんか楽天証券のロゴマークがいきなり変わってるっす。

……ビミョーにダサいっす。あれなら前のほうがずっといいな。

配当7/2入金分
【LVS】ラスベガス・サンズ(マネックス・特定) $16.16
配当金合計
7月合計 $16.16   2017年6月合計 $331.17

2018年合計 $2142.42   今まで全部合計 $13636.09

2018年CFD配当 ¥3809   今まで全部CFD配当 ¥5136

ベガス
ラスベガス・サンズです。ガジノ屋を営んどります。

本社はもちろん、米国ラスベガスです。

お立ち寄りの際には、ぜひとも楽しんでいってくだされ。

だ、そうです。

定番銘柄だけじゃない! みんな知ってるアレも米国銘柄関係

米国株投資で銘柄選びに迷ったら、「自分がよく知っている身近な銘柄に投資しろ」なんていう言葉聞きますよね。まあ、これは実務的にも有効です。アマゾン、グーグル、アップル、コカコーラ、マクドナルド、マイクロソフト、P&G、挙げていったらキリがない! まさに米国=世界です。

しかしですね、上のハイパーメガメジャー銘柄ほどではないにしても、意外な銘柄が意外な有名物とつながりがあったりするんです。今回はそんなお話です。

あの有名ホテルが、実は米国企業のものだった

誰もが一度は見たことのあるあの有名ホテルが、実は米国企業によって開発されたものだって知ってますか?

そのホテルの名は、「マリーナベイ・サンズ」。シンガポールにある5つ星の高級ホテルです。

こいつだ!
マリーナ・ベイ・サンズ

ね、テレビとかで見たことあるでしょ? スゲー構造。あの上のところに載ってる新幹線みたいな部分に、でっかいプールがあるんですよ。その名も「インフィニティプール」。

これ。

やべー。インフィニティ。

客室の写真までは載っけませんけど、料金は1泊数万円程度。意外と安い? もちろんスイートは20万円くらい。F-1のシンガポールGPが開催される時期は値段が上がるようです。

マリーナベイ・サンズを建てたのはあの会社

で、ここからが本題です。あの有名ホテル「マリーナベイ・サンズ」を建てたのはいったい誰か。

もうおわかりでしょう。本日配当を頂いた【LVS】ラスベガス・サンズその人です。サンズさんが、総工費80億シンガポールドルで建てました。

実はマリーナベイ・サンズは、高級ホテルを含む巨大なカジノリゾート全体を指します。世界最大のカジノ、ショッピングモール、劇場、美術館など、シンガポールを代表する一大リゾートです。メディアへの露出も多い。

マリーナベイ・サンズは誰のものか?

マリーナベイ・サンズを建設し、運営するのはラスベガス・サンズです。そして私はそのラスベガス・サンズの株主です。

これももうおわかりのことでしょう。

私です。マリーナベイ・サンズは、間違いなく私のものなのです。

……まあ、行ったことはないんですがね。

でもマジです。マジでぼくのホテルです。

当然家族にもアピールする

テレビ画面にマリーナベイ・サンズが写ったりするともう大変。ぼくはすっくと立ち上がり、画面を指さして「これはぼくの会社のものだ! つまり、ぼくのものだ! ふふん!」と胸を張ります。

家族「…………」

家族は少し悲しそうな目でぼく見て、すぐにそれぞれの興味へと戻っていきます。

そうです。今のあなたと同じ目です。

投資とは孤独な戦い。配当だけが友だちさ!

いいんです、いいんです。古今投資家とは孤独なものです。配当だけが友だちなんです!

ぼくがラスベガス・サンズに投資する。ラスベガス・サンズがぼくに配当を出す。他に何が要るというのです?

これからもヨロシクね、サンズちゃん。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。