配当4/25分 1000円の配当を毎日もらう。それが配当投資





オザワークスです。

本日の配当。

配当4/25入金分
【NTR】ナタリ $9.58
配当金合計
4月合計 $390.61   2017年4月合計 $365.57
2018年合計 $1371.77   今まで全部合計 $12865.44
2018年CFD配当 ¥2689   今まで全部CFD配当 ¥4016

カナダの化学肥料メーカー、ナタリ(証券会社によってはニュートリエン)からはじめての配当金をいただきました。

その額、日本円にして約1000円。20万円分ほどの株を保有しての配当額ですよ。

あまりに少なくないですか? でもこれが、株式投資、その中でも地味で堅実な「配当投資」の実態です。真実の姿です。

配当投資は儲からない

配当投資とは、株を買ったらあとはずっと保有してずっと配当金をもらい続ける、だけの投資法です。

はっきり言います。配当投資は儲かりません。まったく、儲かりません。そもそも、基本的に買った株は売らないので、儲かるタイミングがありません。儲かるという概念自体が、配当投資には存在しないのです。

儲からないけど、毎日1000円もらったら?

でも、たった1000円の配当でもそれを毎日、1年365日毎日もらったとしたら?

答えは36万5000円。結構、思っていたより大したものでしょ? 1日たったの1000円でも積もりに積もれば、1年でちょっとした副業をしたくらいの稼ぎにはなるのです。

株なんて副業でよし

そう、ただの副業。あくまでメインではなくサブで。やれ株で資産額を倍にするとか、1億目指すとか、前のめりで鼻息荒い荒い。そういう「普通投資」ではなくて、「配当投資」は副業感覚。

株を買ったら、あとは放置。配当金が入金したら「ありがとう」。それだけ。

でも、しっかり収入にはなる。懐に舞い込んでくるのは、配当「金」ですからね。

配当投資のメリット&デメリット

まずメリット。配当は、基本的に安定しています。お給料感覚で定期的に入金してくれます。

さらに、株を買ったあとは何もすることがありません。配当金は勝手に入金されていくので、株主はその間「働く」でも「遊ぶ」でも「寝る」でも自分の時間を自由に使えます。四六時中株価のチャートとにらめっこの必要はないのです。

一方、デメリット。儲かりません。配当金をもらっても「儲けた感」はゼロです。ホント、配当金は株主のお給料みたいなものです。

あと、地味です。配当投資を知る前の投資のイメージ、華々しいトレーダーのイメージとは完全に真逆の地味感です。でものんびりした自分には、これが合っています。

配当投資に向く人

派手さはないけど、のんびり、気長に、コツコツ投資を続けていける人ですね。自分で言うのもなんですが、ぼくはまさにそうです。配当投資を気楽に、良い意味でゲーム感覚で楽しんでいます。

メインではなくサブ、副業ですから。

おっと、記事が長くなりました。本日はこれで、オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。