未来予想。CFDで毎月1万円の配当金をもらえるようになったら、投資はこうなる





オザワークスです。

GMOクリック証券のCFDで米国株に配当狙いの投資をしています。CFDだからって儲けることを目指したりしません。のんびりゆっくり、マイペースな長期投資です。

投資手法は簡単で、1万円の元手で2万円分の米国株を毎月買い、あとはひたすら配当金をもらい続けようというものです。

そんなにひたすら配当金をもらい続けて一体どうしたいのか。ぼくがCFDでの米国株投資で目指すカタチ、そこへ至る道がどのようなものなのかを今回はお話します。

CFDで配当もらって何がしたいのか!

毎月1万円の配当収入を目指す

CFDで配当投資、と言っても現物株での配当を狙う投資と基本は同じです。株を買い続けて受け取る配当金をじわじわ増やす、不労所得ウマーッ! というのが基本方針です。

不純と言うなかれ。株を買って持っているだけで定期的にお金がもらえるんだから、こんなに簡単な副収入はありません。ブログなんかよりよっぽどオススメです。

で、ゆくゆくはこのCFDでの投資をどうしていきたいのかと言うと、今は自分の懐から出している毎月新たに株を買い足すための資金1万円、これを出す必要がないくらいのところまでもらえる配当金を増やしたいですね。

毎月1万円の配当金。その配当金でまた株を買う。そしたらまた配当金が……うっしししの資本主義勝ち組循環です。

そこまで行ったら最早自動運転ですね。放ったらかしでも配当収入があり、かつそれが増えていきます。楽ちん副収入。

さらに、自分のお財布の1万円は温存されています。これも大きい。この1万円で何をするのか……何をしてもいいのですけど、ぼくはやっぱり米国株を買ってしまうのでしょうね。

毎月1万円の配当収入がある場合、どのような運用になるのか

では、CFDで毎月1万円の配当収入がある場合、どんな感じでの運用になるのかシミュレートしてみましょう。

いや、自分がやってみたいだけです。

まず、現在は毎月自分の財布から1万円を投入して、大体2万円分の米国株を買っている状況です。レバレッジは2倍。それ以上は上げないほうがよろしいかと思います。

2019年1月CFDでの配当金は、合計2767円でした。配当金1万円には程遠い。しかも1月は他の月よりもかなり多いのに、これです。

2月はほとんどゼロ。うう……。

現在CFDに突っ込んだ投資資金は合計19万円なので、どうでしょう? 5倍の100万円投資したとしても……まだ毎月1万円の配当金には届かないか。

……なかなか、道程は遠いようです。改めて思い知りました。いや、落ち込んではいません。また気持ちを新たにコツコツ投資道をゆきたいと思います。

余談ですが、ぼくは米国株の現物のほうでは、毎月平均4~5万円くらいの配当金をもらっております。冷静になって考えてみると、毎月4~5万の配当ってすごくね? そう思いました。

ぼくは一度、地獄のコツコツ道をくぐり抜けているのです。単なるその結果です。

配当金とロスカットレートの関係

さあ、CFDに戻りましょう。

ぼくはめげずにCFDでコツコツ株を買っていった結果、毎月1万円の配当金を得るに至りました。やりました。

リッチとなったぼくのCFDライフはこんな感じになっていると思われます。

まず、配当金が入ってきます。どどっと1万円です。

GMOクリック証券のCFDでは、配当金は買付余力ではなく、各銘柄の含み益として建玉にくっつきます。含み益なので、売り決済しないと本当に自分のものにならなそうな感じですが、そうではありません。

配当金が入ると、ロスカットレートが入金した配当金の分だけ下がる。これを元の位置まで上げてやれば、入金した配当金の額が買付余力に出力されます。そうすれば買付余力は増えるので、それで新たな株が買えます。

わからない人には「なんのこっちゃい?」という感じかもしれませんが、CFDであってもちゃんと配当金で株を買う、配当金の再投資はできますよ、ということが言いたかったのです。

詳しくはこちらの記事を見てね。

外国株CFDの配当金はどこに入金するのか。出金方法も合わせて紹介

2018年9月25日

入ってくる配当金のみで新たな株が買えるようになった

ぼくはリッチマン。配当金で1万円が入るので、1万円分ロスカットレートを調整して取引余力を作り出し、それでまた2万円分の株を買います。

自分のお財布から投資資金は出しません! 配当金のみで投資がサイクルしていけるようになりました。もちろん、自分の資金を追加してさらに株を買っていってもいいですけどね。

選択肢が、増えました。配当金で株を買う、自己資金で株を買う、今回は買わずに資金をプールしておく。毎月1万円もの配当金で自然と余裕があります。

配当金の積み重ねでロスカットに怯える日々も消えた

また、CFDで投資する際の難敵ロスカットレートも、受け取る配当金が多いのでかなり下がっていることが予想されます。

ロスカットレートが下がるということは、ロスカットされにくい、自分の株が強制的に売却される心配がないということです。これによって、レバレッジを利用しながら、現物ライクな安定的な投資を楽しむことができます。

CFDなのに、株価の下落が怖くない。それ以上にとことんまでロスカットレートが下がっているからです。配当金の積み重ねで、そうなります。

憧れの配当生活は遠く遠く、そして遠い。けれど諦めない

以上が、CFDで毎月の配当金1万円の未来図です。入ってくる配当金が多いので、それによってCFDの様々な弱点が中和されて、極めて現物での配当投資に近い感覚となりそうです。

あとは、その状態になるまで投資を続けていくだけです。いつもの結論、コツコツ投資ですね。

今はまだちょっとした株価の下落に振り回される毎日ですが、いつの日かCFDという大地にしっかりとした配当の根を張りたいですね。そうなるように焦らずがんばるぞ!

オザワークスは、GMOクリック証券のCFDで配当投資を根気よく育てています。今はまだ家庭菜園だけど、コツコツ続けて立派な農園にしてみせるぜ!

皆様もまずは少額の家庭菜園から始めてみてはいかがでしょう?

CFDの口座開設はこちらから。
外国株訴求A

CFDで配当投資とか、誰も仲間がいない……。

寂しいと死んじゃうオザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。