ワンタップバイの米国株、配当利回りランキング3月号 株価が下がって配当利回りが上昇した銘柄に投資するべきか





オザワークスです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)で買える米国株の配当利回りランキング、2019年3月号です。

ワンタップバイは低コストで米国株に投資できる、少額投資向きの証券会社です。ワンタップバイで米国株投資始めようぜ!

米国株の配当利回りランキング、2019年3月

ティッカー 銘柄 配当利回り
1 IBM IBM 4.50%
2 TPR タペストリー 4.36%
3 GM ゼネラルモータース 4.17%
4 XOM エクソンモービル 4.08%
5 GPS ギャップ 3.96%
6 KO コカコーラ 3.48%
7 PFE ファイザー 3.44%
8 HPQ HP 3.31%
9 XRX ゼロックス 3.22%
10 PG P&G 2.82%
11 CSCO シスコシステムズ 2.65%
12 CAT キャタピラー 2.65%
13 MCD マクドナルド 2.48%
14 INTC インテル 2.31%
15 BA ボーイング 2.27%
16 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 2.12%
17 SBUX スターバックス 2.00%
SPY SPDR S&P500 ETF 1.77%

ワンタップバイで取り扱いのある米国株のうち、配当利回りが2%以上ある銘柄を集めてみました。一番下のSPYはおまけです。

株価が下がると配当利回りは上がる

配当利回りランキングの8位、PC・プリンターメーカーの【HPQ】HPと15位の航空機メーカー【BA】ボーイングの配当利回りが、先月と比べると上昇しています。

理由は、HPは発表した決算が悪く株価が下落したためで、ボーイングは自社製品が墜落事故を起こした影響で株価が下がったためです。

2社のように、株価が下落したせいで結果的に配当利回りが高まる、という状態は、あまり良くありません。

何故なら、良くないことが原因で配当利回りが高まっているからです。こういう銘柄には注意が必要です。

配当利回りが高いからと言って飛びつくと……

もしも赤字を垂れ流す会社があったとすれば、その株価は普通大きく落ち込みます。

配当利回りは、配当金の額を株価で割ったものですから、配当金は増えなくても株価が落ちていけば利回りは勝手に高まります。

これを、わーい高配当だあ、と何も考えずに買ってしまうと、赤字企業ですからいずれは減配が待っていたりします。

買ったそのときだけ高配当。配当投資でよくある失敗です。ぼくもよくやりました。

株価が下がる=ダメな会社、でもないから投資は難しい

株価が下がるということは、その銘柄はどこか調子が悪いとも言えます。表に見える配当利回りだけで投資する銘柄を決めるのはやめましょう。

と言っても、株価というものは何も理由がなくても突然下がりますし、HPもボーイングも世界に冠たる大企業です。それほど簡単に倒れるようなヤワな会社じゃありません。きっと減配も簡単にはしません。

あれこれと心配しすぎて結局投資をしない、なんてのは一番もったいない選択です。

買ってもダメ、買わないのはもっとダメ。まったく株式投資というものは、難しいですなあ(ニヤニヤ)。

結局は自分でやってみるしかない

投資の正解は、多分人それぞれです。結局はトライアンドエラーで、自分で自分に合う投資法を見つけていくしかないですね。

そのためにもまず始めてみて、長い目でコツコツ継続していくのが良いと思います。

ワンタップバイなんて少額で投資に参加できるから、まさにうってつけですよ。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。