今週の配当6月第2週 どうなる米国大統領選挙。とりあえず、バイデン氏は女の子の身体を触りすぎだと思う

オザワークスです。

コロナ以後混迷を極める米国の現状と秋に控える大統領選について考えてみました。

それと、バイデン氏は触りすぎ、匂い嗅ぎすぎ!

その前に、今週の配当から。5月末から毎日配当入金継続中。

配当6/8入金分 $57.15 ¥238
【CMI】カミンズ
(マネックス・特定) $9.43

【PFF】iシェアーズ米国優先株式&インカム証券ETF
(SBI・NISA) $7.62

【LQD】iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF
(SBI・NISA) $5.80

【JNK】SPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券ETF
(SBI・NISA) $8.63

【IGIB】iシェアーズ米ドル建て中期社債ETF
(SBI・NISA) $5.21

【HYG】iシェアーズiBoxx米ドル建てハイイールド社債ETF
(SBI・NISA) $8.66

【EMB】iシェアーズJ.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETF
(SBI・NISA) $6.06

【AGG】iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF
(SBI・NISA) $3.85

【TLT】iシェアーズ米国国債20年超ETF
(SBI・NISA) $1.89

【HPQ】HP
(GMOクリック・CFD) ¥238

配当6/9入金分 $26.60
【PFE】ファイザー
(マネックス・特定) $13.64

【EMB】iシェアーズJ.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETF
(マネックス・特定) $4.85

【JNK】SPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券ETF
(マネックス・特定) $6.89

【BBD】ブラデスコ銀行
(SBI・NISA) $1.22

配当6/10入金分 $21.41
【SO】サザン
(マネックス・特定) $18.38

【UN】ユニリーバ
(マネックス・特定) $3.03

配当6/11入金分 $0.60 ¥39
【BBD】ブラデスコ銀行
(マネックス・特定) $0.60

【KO】コカコーラ
(GMOクリック・CFD) ¥39

配当6/12入金分 $80.64
【CVX】シェブロン
(マネックス・特定) $18.53

【EXC】エクセロン
(マネックス・特定) $13.74

【IBM】IBM
(マネックス・特定) $23.40

【XOM】エクソン・モービル
(マネックス・特定) $24.97

配当金合計(米ドル)
2020年6月合計 $277.75

2019年6月合計 $655.45
2018年6月合計 $486.94
2017年6月合計 $386.47
2016年6月合計 $357.87

2020年合計 $2588.65

2019年合計 $6118.90
2018年合計 $4576.96
2017年合計 $3996.81
2016年合計 $3408.96

今まで全部合計 $24778.18

配当金合計(日本円)
2020年CFD米国株配当合計 ¥9237

2019年CFD米国株配当合計 ¥19182
2018年CFD米国株配当合計 ¥9441
2017年CFD米国株配当合計 ¥1327

今まで全部CFD米国株配当合計 ¥39187

2020年ワンタップバイ米国株配当合計 ¥141

2019年ワンタップバイ米国株配当合計 ¥147
2018年ワンタップバイ米国株配当合計 ¥12

今まで全部ワンタップバイ米国株配当合計 ¥300

レガシィ欲しいぞ貯金
現在、26万円! ええい! カードの引き落としが!
売買記録6月第3週
【OXY】オクシデンタル・ペトロリアム
(マネックス・特定) 売り 30株 大幅に減配したので大部分を売却

【RDS.B】ロイヤル・ダッチ・シェル
(マネックス・特定) 買い 10株 買い増し

【BP】BP
(マネックス・特定) 買い 20株 買い増し

米国経済失速で意外と危ないトランプ再選

今、米国が大変です。コロナも治まっていないというのに白人警官が黒人を死なせた事件で連日のデモ。デモだけならまだしも、それが暴動・略奪に発展したりしてもう大変。

暴動の背後にはそれを煽るアンティファなる組織や、さらにそのバックには中国の影があるとか。

心配になるのは、2020年秋の米国大統領選挙ですね。これがどうなるのか。

コロナやなんやらで、米国経済はあまりよくありません。特に失業率が高まってしまったのが痛い。

で、経済が悪いと選挙では現職が弱いんですね。やっぱり有権者は生活者であって、外交や遠い先の未来の話なんか興味ないんですよ。

第一に、金。それが政治の現実。

なので今トランプ大統領はウンウン悩んでいることでしょう。

経済が悪くなるのはささっと早くても、それを挽回しようとして打った経済対策が効いてくるのは、ちょっと時間がかかります。どんなに力を入れて金額を積んでもです。

トランプの再選は、意外と危ないかも知れません。

民主党大統領候補ジョー・バイデン氏、女の子に触りすぎ問題

では、次期大統領は民主党のバイデン氏なのか?

いや、ぼくはこの人のことはあんまり知らないですけど、トランプよりも4歳も年上のおじいちゃんなんでしょ? 現在77歳、だいじょぶかなあ?

米国大統領の任期は1期4年の最長でも2期まで。4年後のバイデン氏の年齢は81歳。8年後では85歳。

うーん……健康であればいいですけどねえ。

それと、バイデン氏に関してはこんな動画を見つけてしまい……


うーむ、おじいちゃん、この日初対面の女の子に対してこれは触りすぎでは? 匂いまで嗅いでいるし。

これがちょっとどういう「場」なのか英語がわからないぼくにはよくわからないのですが、まあ、いわゆるコネ作りなんですかねえ?

バイデン氏の支持集会か何かで、未来の合衆国大統領(になるかもしれない男)と一緒に写真を撮る。氏が喜ぶので子ども(特に女の子)を連れて来る親(支持者)とか。色々考えさせられるものがある。

これが米国の上流社会なのか。

ついでに言うと、動画には1人として黒人系は出てこない。

誰が大統領でも米国経済の未来は明るい

しかし、しかしですね、ぼくは米国経済の行く末については、心配していません。

誰が大統領になってもです。

米国経済の強さは、米国政府の経済政策の結果というより、米国民や米国企業の自由に全力でお金儲けをやってやろうという気質にあるような気がします。

誰もが自由に考え、アイディアを出し、もちろん法律の許す範囲で行動してお金を稼いでいく。それが良しとされる。

誰が大統領になってもそれは変わりません。

そのアメリカンスピリッツが失われない限り、米国は成長し続けます。

したがって米国株も今後とも伸びで行くことでしょう。今週あったようにしばしば急落・暴落を繰り返しながら。

やっぱり米国株投資に乾杯、だネ!

オザワークスでした。

毎週更新! 2020年ポートフォリオ&毎日配当入金カレンダー

2020年1月11日






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。