米国株CFDから足を洗って1ヶ月。原油価格まで落ちてきてやっぱりやめて良かった。米国株は現物で十分

オザワークスです。

米国株CFDをすべて売却して足を洗ってから早一ヶ月が経とうとしています。

この間、ぼくがCFDを売ってから米国株が爆上げするようなこともなく良かったです。

何故って、そんなことになったら悔しいですからね。

まあ、CFDは辞めてよかったなと今でも思います。

ダウ平均は横ばいでも通信株はボロボロ

9月の22日だったかな?

米国株CFDを全部売ってそっちのほうは引退しました。

それから約一ヶ月、米国株は横ばいです。

ダウ平均だと横ばいですが、ぼくの米国株CFD口座でも比重の大きかった【T】AT&Tや【VZ】ベライゾン・コミュニケーションズなどの通信株は株価がボロボロで、このひと月でさらに下がっています。

コア銘柄が崩れるとCFD口座の屋台骨にダメージが入るのでやはり厳しい。

米国の利上げも継続だそうなので、金利調整額の面からも依然として苦しいでしょう。

一つひとつの銘柄が儲かったとか損したとかではなく、CFD口座全体で押しつぶされるように状況が悪化するのは、コロナショックでも経験したダメなパターンです。

じわじわ下がり続ける原油価格

加えてコレは大きく言っておきたいのが、原油価格のこと。

ロシアのウクライナ侵攻あたりから跳ね上がった原油価格ですが、これが夏ごろからじわじわと下がり続けています。

WTI原油先物

米国をはじめ世界各国の利上げによる世界景気の悪化が懸念され、そうなると石油の消費も鈍るだろうとの見立てで原油価格が少しずつ落ちて行っています。

原油価格は、石油会社の株価に直結します。

つまり、今後石油会社の株価は下がっていくことが予想され、石油会社の株高にある程度支えられていたぼくの米国株CFDポートフォリオがまた痛むこともまた予想できたわけです。

通信株に続き石油株も沈むとなると、そこからのダメージもまた頭痛の種となります。

CFDやってて株価が下がると大変なのです。

米国株は現物で十分

CFDから離れて一ヶ月経ちましたが、状況は厳しそうです。

あのまま続けていてもダメだったでしょう。

CFDは心配事が多すぎます。

ここまでゴチャゴチャ書いてきましたが、何が言いたいかというと、米国株は現物で十分、ということです。

米国株は現物で十分おじさんです。

現物株なら、株価がどんなに下がっても消えてなくなるということはありません。

倒産……は可能性としてはありますが、大企業はほぼないと言ってもいいでしょう。

米国株投資は、現物株をコツコツ積み重ねていけばそれで十分効果的です。

おじさん嘘は言いません。

CFDとか信用取引とかは、まあやめておいたほうがいいと思います。

自分も含めてほとんどの人が向きません。

ああいうのは、ごく一部の適性のある人だけが振り回せるオモチャです。

我ら凡人は、現物株をコツコツ、これで決まり。

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。