昔の投資信託はこんなにもエグかった。悪魔のようなビジネスモデルをご紹介

オザワークスです。

先日ぼくはひょんなことから最新の米国株投資信託の超高性能ぶりを知り、驚いて腰を抜かしました。

最近の米国株に投資する投資信託の性能が高すぎて、おじさん目からウロコが落ちる

2020年1月28日
その腰の痛みが治まらぬうちに、昔の投資信託が投資家にとっていかに酷かったか、いかにぼったくりであったかを思いつくまま書いておきます。

ただし、ぼく自身は過去に投資信託を保有したことはないし、良くは知らないので、あくまで聞いた話です。

昔の投資信託はエグかった

昔、といってもせいぜい数年前から10年前くらいです。日本で販売されていた多くの投資信託は、このようなものでした。

適当な日本株に投資して、販売手数料が3%、信託報酬率が2~3%の投資信託。

わかる人にはわかる。無茶苦茶クソでしょ? こんなクソみたいなものが売られていたし、投資家は買っていたんですね、当時は。

2020年の現在もそうですが、日本人投資家の過半はおじいちゃんです。おじいちゃんなので、やっぱりりてらしーとかがないのです。わけもわからずあほなものをかってしまうのです。

悲劇ですな。

ちなみに投資信託とは。

投資信託とは何か? 資金を運用のプロに任せる分散投資可能な金融商品のこと

2019年12月20日

昔の投資信託は販売手数料がエグい!

昔は、投資信託を買うのに投資家は販売手数料というものを販売者に支払っていました。株取引でいう取引手数料ですね。

投資信託というものは、投資信託を運用する会社とそれを投資家に販売する会社とで分かれています。(分かれていない場合もある)

投資信託を販売するのは、主に銀行と証券会社です。この銀行と証券会社で投資信託を買う場合の販売手数料が、まあ酷い。

投資信託の販売手数料は申し込み手数料などとも言われ、投資信託を買った金額の3%程度をその場で持って行かれます。

例えば、100万円分投資信託を買ったとすれば、実は97万円しか買えていなくて、3万円は販売手数料で瞬時に抜き取られています。

エグい!

逆に投資信託を売る銀行や証券会社からすれば、簡単に一瞬で3万円儲かるわけですから、辞められない止まらないですよ。

かっぱえびせん!

おじいちゃんが銀行に行く。

窓口のきれいなお姉さんに勧められるまま投資信託を100万円分買う。

お姉さんは笑顔のまま瞬時に3万円を抜き取る。

この流れですよ。

もう悲劇しかない。

販売手数料を取るにしたって、限度ってものがあるだろう。

昔の投資信託は信託報酬がエグい!

昔の投資信託は、信託報酬もエグいです。

信託報酬とは、投資家が支払う「プロに運用していただく手数料」のことです。

信託報酬について詳しくはこちらで。

投資信託の信託報酬率とは? ETFの経費率とは?

2020年4月8日
信託報酬は、投資信託を保有する限り継続して発生してしまう投資コストです。まあ、運用のプロに運用してもらうわけですから、タダでというわけにはいきますまい。

しかし、昔の投資信託はこの信託報酬が投資する金額の2~3%ととてつもなく高い数字となっています。

エグい!

こんな高い信託報酬で利益なんか出るわけがない。

運用資産が減る! 高信託報酬のスキーム

どういうことか説明しましょう。

まず、信託報酬は運用に対する報酬であり、運用結果に対するものではありません。つまり、投資信託が儲かろうが損しようが取られるものです。

信託報酬率が3%なら、運用金額の3%を毎年報酬として持って行かれることを意味しています。

買った投資信託が、年率10%以上で毎年もりもり儲かるならいいですよ。しかし実際は、投資ですからそれほど儲からないときもある。ていうか儲からない。

でも、信託報酬は儲からなくても3%、毎年取られます。

仮に、その投資信託がそれでもがんばって毎年2%の儲けを出していたとしましょう。

でも信託報酬は鬼の3%です。引き算するとあら大変!

毎年1%ずつ運用資産が減っていってるじゃ、あ~りませんか!

これをエグいと言わずしてなんと言おうか!

逆に投資信託を運用販売する側に立てば、何もしなくても毎年信託報酬がリスクなしで手に入るんです。そりゃ投資信託を一生懸命売りつけるでしょうよ。

おじいちゃんが銀行に行く。

窓口のきれいなお姉さんに勧められるまま投資信託を100万円分買う。

販売手数料を3万円、信託報酬を毎年3万円ゲットだぜ!

きれいなお姉さんも思わずカウンターの下で小さくガッツポーズ。

絶対この流れでしょう。

悲劇ぞ。

こんなもの資産運用じゃない。資産をただただ削り取られてるだけ。

今も、エグい投資信託が跋扈している

昔の~、と書きましたが、実は酷い投資信託の多くは今でもぬくぬく生き残っていて、今でも元気に販売されています。

潰れないのは、買う人がいるということです。

おじいちゃんおばあちゃんたちは、きっとこれからもさくしゅされつづけるようぶんとしてそんざいするのでしょう。

バカな目に合わないためには、学ぶしかありません。

悪魔のビジネスモデルから脱却した新時代の投資信託たち

しかし、時代は確実に変わりつつもあります。

詐欺みたいな投資信託しかなかった投資信託の世界にも、マジで使える有能な投資信託が現れ始めています。

将来に期待できる米国株に低コストで分散投資できる、

  • eMAXISSlim米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

などです。これら新時代の投資信託は、投資信託の悪しき伝統とビジネスモデルから脱却した、真の資産運用に値する投資信託群です。

詳しくはこちらの記事で。

最近の米国株に投資する投資信託の性能が高すぎて、おじさん目からウロコが落ちる

2020年1月28日
インターネットが人を賢くし、世の中をより良く変えていきます。大手ネット証券の投資信託の販売手数料はすでに0円。信託報酬も安いものが増えました。

けれど今はまだ玉石混交の混沌時代です。よく見て知って、時代遅れの投資信託を選ぶことがないようにしたいですね。

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。