配当7/9 マネックス証券でETFの売買手数料無料のキャンペーン「ゼロETF」が実施中!





オザワークスです。

暑が夏い!

配当もらって乗り切りましょー!

 

配当7/9入金分

【HPQ】HP(マネックス・特定) $8.01

【BIV】バンガード・米国中期債券(SBI・NISA) $3.62

【BND】バンガード・米国トータル債券市場(SBI・NISA) $3.27

【VCIT】バンガード・米国中期社債(SBI・NISA) $4.32

 

配当金合計
7月合計 $98.49   2017年7月合計 $331.17

2018年合計 $2224.75   今まで全部合計 $13718.42

2018年CFD配当 ¥4486   今まで全部CFD配当 ¥5813

バンガード
始まりました、NISAウイーク!
バンガード
我々バンガード社のETFは、他社よりも一足早く配当を入金いたします!
バンガード
何故なら我々はバンガード、あなた様の「尖兵」だからです!
統制取れてるなあ…。

でも自分は「バンガード」と聞くと、どうしても「クロスボーン・バンガード」のイメージなんだよねえ。

世代です。

マネックス証券にて手数料無料でETFが買えるキャンペーン「ゼロETF」を実施中。どんな感じ?

ゼロETF(米国ETF売買手数料実質無料プログラム)

地味な感じ。

もう少し詳しく書きますと、マネックス証券で「対象のETF」を売買した場合、取引手数料が後日全額キャッシュバックされる、というキャンペーンです。申し込み等は不要、キャンペーンの終了期日等もなし、つまりマネックスが「やーめた!」って言うまで。

手数料実質無料で買いも売りもできるというのは、思い切ったね。いい踏み込みだと思う。ちなみに、NISA口座での取引はキャッシュバックの対象外です。

んで、どうしても気になるのが「対象のETF」っつう一言。ずばり「対象のETF」とはこの27銘柄です。

ティッカー 名前
AGGY ウィズダムツリー米国債券ファンド(利回り強化型)
CXSE ウィズダムツリー中国株ニューエコノミーファンド
DEM ウィズダムツリー新興国株高配当ファンド
DES ウィズダムツリー米国小型株配当ファンド
DEW ウィズダムツリー世界株高配当ファンド
DFE ウィズダムツリー欧州小型株配当ファンド
DFJ ウィズダムツリー日本小型株配当ファンド
DGRE ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド
DGRS ウィズダムツリー米国小型株クオリティ配当成長ファンド
DGRW ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長ファンド
DGS ウィズダムツリー新興国小型株配当ファンド
DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド
DLN ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
DON ウィズダムツリー米国中型株配当ファンド
DXJ ウィズダムツリー日本株米ドルヘッジ付ファンド
DXJF ウィズダムツリー日本株金融セクター米ドルヘッジ付ファンド
DXJS ウィズダムツリー日本小型株米ドルヘッジ付ファンド
DYB ウィズダムツリー米国株ダイナミックベアファンド
DYLS ウィズダムツリー米国株ダイナミックロングショートファンド
ELD ウィズダムツリー新興国現地通貨建て債券ファンド
EPI ウィズダムツリーインド株収益ファンド
EUDG ウィズダムツリー欧州株クオリティ配当成長ファンド
GULF ウィズダムツリー中東株配当ファンド
HEDJ ウィズダムツリー欧州株米ドルヘッジ付ファンド
HYND ウィズダムツリー米国ハイイールド社債ファンド(金利ベア型)
HYZD ウィズダムツリー米国ハイイールド社債ファンド(金利ヘッジ型)
XSOE ウィズダムツリー新興国株ニューエコノミーファンド

はい、ご覧になって分かる通り、手数料無料キャンペーンの対象銘柄は、すべて「ウィズダムツリー」という会社の運営するETFなのです。要は、マネックスとウィズダムツリーのタイアップ企画なんですね。

マイナーなETF会社のマイナーなETFを買うべきか?

ウィズダムツリー? 聞いたことねえなあ。どうせ小せえ運用会社だろう?

その通り。世界3大ETFブランド、iシェアーズのブラックロック社、バンガードのバンガード社、SPDRのステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社に比べたら象とアリンコです。

そこがね、やっぱりね、ちょっと心配なところなんですよね。小さな会社がいつ潰れてもおかしくないように、小さなETFもいつ終わってもおかしくない。いや、ぼくの個人的な意見ですよ。

ぼくはETFを買うとき、上記の世界3大ブランドの中から選ぶようにしています。

配当6/11分 ETFの選び方。投資するなら大企業ならぬ、大ETFが一番!

2018年6月13日

試みとしては悪くない。だけど……

ストレートにETFの売買手数料を無料にした、その発想はいいと思うんですよ。だけれど、対象のETFがどうもねえ……パッとしない。もっと有名どころを揃えてくれれば、といったところです。でもまあ、そんなことをしていては、証券会社はいったいどうやって利益を出せばいいんだい、ってことにもなりますから。

意気込みは買う。ETFは買わない。

でもそれじゃあ寂しすぎるから、一応ぼくでも買えそうな配当系のETFは、

ティッカー 名前 配当利回り
DEW ウィズダムツリー世界株高配当ファンド 4.55%
DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド 3.15%

この2つでしょうか。どちらも米国(あるいは全世界)の高配当株への分散投資です。利回りもなかなかよろしい。

買付手数料が実質無料というのは紛れもないメリットなのだから、細かく少額で買っていくのがいいですね。しかしながら小さなファンドですから、あくまでサブとしての扱いで、遊びの範疇でやるのがよろしいと思いますね。

こんなキャンペーンもやってるよ、ということで。

オザワークスでした。

"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。