Fund of the Year 2019の結果から見えてくるもの。「みんなの意見」は意外と正しいぞ。外国株人気なら外国株をやれ!

オザワークスです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」が発表になりました。

これは、言ってみれば投資信託の人気コンテストです。

その結果はというと、米国株または全世界株へ投資する投資信託が上位の大半を占めていました。

つまり、多くの投資家の目線が、海外投資へと向いていることが明らかになったのです。

ぼくもこの流れは正しいことであると思います。

だから、方法はどうあれ、海外株、米国株に投資しましょう。

みんながそう言ってるわけですから。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019の結果発表

まず、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」の結果だけ発表しておきますね。

2019年、投信ブロガーに支持された投資信託(ETF含む)は、以下の10ファンドでした。

  1. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  2. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  3. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  4. 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
  5. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  6. 楽天・全米株式インデックスファンド
  7. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  8. グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)
  9. バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
  10. SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

こんな感じです。

見事に上から下まで「全世界株式」「米国株式」「ワールド・ストック」などなど、外国の株式に関連する投資信託が並んでいます。

これが投資信託の今、です。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019の結果については別個に記事を書いています。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019 という投資信託のコンテストがある。のぞいてみたら納得の結果だった

2020年2月5日

みんなの意見を信じる? 信じない?

コンテストをやってみたら、外国株式の投資信託が人気だということがわかりました。

外国株式推し、がどうやら「みんなの意見」です。

この「みんなの意見」ってそもそもどうなんでしょう?

よく証券会社のサイトなんかでも、投資信託の売買代金ランキングなんて言って順位が出ています。

ああいうの見ると、どうも胡散臭いんだよな、って思っちゃう人いると思います。かく言うぼくもそうです。

さらに、何で人と同じことしなきゃいけねーんだよ? って反発心もムズムズしてきます。

あるいは、特に株式投資を始めたばかりの人が思い込むこと。株はまだ誰も気づいていない未来のトップ企業を安いうちに見つけて買うもの、みたいな。

あれも「みんなの意見」「みんなの人気」の逆を行く発想です。

つまり、人間って「これが人気です」と言われると、なんか素直にその流れに乗りにくくなってしまう天邪鬼な部分があるんですね。

米国株は「みんなの意見」通りに投資していれば良い

でもね、米国株に投資していると段々感じてくることなんですが、米国株って別に未来有望な無名のベンチャー企業を苦労して探さなくてもいいんですよ。

既に有名で、投資家にも人気の大企業でも株価はガンガン上がっていきます。

ダウ平均を見てください。超巨大企業オンリーです。

でも、年々上がっていきます。S&P500もそう。

投資用語解説・S&P500とは? 力強さとしなやかさを兼ね備えた天下の万能指標

2019年12月25日

世界一有名な株価指数、ダウ平均とは?

2019年7月2日
つまり、少なくとも米国株では「みんなの意見」で、いいんです。

米国株投資家は本能でそのことを知っているのか、投資家同士で保有銘柄が被る被る(笑)。

その被りもまた「みんなの意見」です。

実はそんな投資家の被りは、日本だけでなく全世界レベルで起こっていて、世界の投資家が米国株を買うからまた米国株が上がる、という連鎖反応が起きています。

そういうものを見てきてぼくも最近は、人気ランキングとかもこれはこれで結構信じられるものかもしれないなあ、と意識が変化してきています。

グーグルもアマゾンも、結局誰もが誰かの意見に頼ってる

考えてみれば、投資に関係なく何か調べ物をするときでも、ぼくたちはグーグルの検索サービスを使います。アマゾンのレビューを読んだりします。

あれだって「みんなの意見」です。誰かが書き連ねている情報です。

一つひとつの意見はそれぞれ違ったりおかしかったりしても、統計を取ってみると「みんなの意見」はなんとなくぼんやりと正しい。だからグーグルは人気の順に検索結果を表示しています。

集合知なんて難しいところまでいかなくても、誰もが誰かに助言を求めて、そして誰かに助言しているものです。

株価は人気投票。投資家は株を買うことで投票している

そして株の話に戻っても、株価の推移って言わば人気の推移です。

例えば、第2次世界大戦時、ナチスドイツと大英帝国がヨーロッパで戦いました。

開戦してしばらく後、まだドイツが大優勢の時点から両国の株価は、英国↑ドイツ↓と戦争の結末を先取りするように推移したそうです。

株主たちは、現在ドイツが大優勢であるにもかかわらず、ドイツ株を売って英国株を買ったのです。そしてその通りになりました。株価という「みんなの意見」が正しかったわけですね。

昨今の米中貿易戦争でも、米国株が上がって中国株は低迷しています。言語でする意見ではありませんが、これも世界中の投資家の集合的な意見であると言えます。

個々の投資家はただただ自分が勝つためだけに行動しているだけなのに、全体図からは全然別の事柄が見えてくる。面白いもんです。

そして、彼ら投資家が必死になって情報を集め分析し考えるが故に、意外と全体としては理に適っていたりする。知の集積ですね。

投信ブロガーみんなが外国株と言うんなら、もうそれでいいじゃない

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」では、海外株、米国株が人気とはっきり出ました。

「みんな」はもうわかっているんです。これからは日本株じゃない。海外株、米国株の時代だと。

ぼく自身も「みんな」の一人としてそう思うし、現にそのように記事を書いています。

だから、もう一度言いますよ。

自分オンリーの投資法があるなどと捻くれるのは辞めて、海外株、米国株に投資しなさい。

「みんな」がそう言ってるんだから。それでいいじゃない。

投資家ってやっぱりアタマいい!

過去の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」受賞ファンドを見てみると……。

ファンド名
2007年 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
2008年 STAMグローバル株式インデックス・オープン
2009年 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
2010年 STAMグローバル株式インデックス・オープン
2011年 CMAM外国株式インデックスe
2012年 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
2013年 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
2014年 ニッセイ外国株式インデックスファンド
2015年 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
2016年 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド
2017年 楽天・全米株式インデックスファンド
2018年 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

今から13年前の2007年の段階ですでに海外投資を志向してらっしゃるとは……。

投資家たちの世の中を見る目ってやっぱり侮れない。慧眼とはこういうことを言うのでしょうね。

オザワークスでした。

2020年のFund of the Yearには、ぜひぼくも参加したいです。




"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。