毎月1万円しか投資資金がないとなかなか米国株が買えない。けどイライラしないで。自分にできる無理のない範囲でゆっくりがんばろう

オザワークスです。

松井証券で毎月1万円入金して米国株を買いたいのですが、株価が高くてなかなか思うように買えません。

長い投資家人生まあそういうこともありますので、無理せず自分にできる範囲で投資を続けて行けたらなと思います。

毎月1万円では、なかなか自由に株が買えない

ぼくの松井証券での米国株投資は、毎月1万円の投資資金で米国株を定期的に買っていくスタイルです。

2022年11月、今月も元気に1万円を入金しました。

現物買付余力が1万円増えています。

よしこれで今絶賛買付中の【A】アジレント・テクノロジーズを買い増しするぞ!

と思ったらアジレントって意外と株価が高くて、1万2000円では1株も買えないのです。
アジレントは1株大体2万円弱もします。

こんなとき、円安が恨めしい。

でもこういうことってあるんですよ。

米国株ETFだと全体的にもっと値が張りますから、毎月1万円の資金投入ではもっと買いにくいです。

では、こういう場合はどうしたら良いのか?

無理をするのが一番いけない

答え、毎月1万円のルールを守る。次の12月の入金まで待って、そこで満を持して1株買いましょう。

自分で決めたルールを守る、これ大切です。

投資を始めたばかりの方は、とにかく早く結果を出してやろうと無理して大きな金額を投資につぎ込んでしまいがちですが、この無理するというのが非常に良くない。

無理して大きな金額をつぎ込んだ翌日に株価が大きく下がったりしたら、そこで気持ちが持たないでしょう。

投資が続きません。

毎月1万円、毎月3万円とルールを決めたのだったら、そのルールを守りましょう。

株価が上がっても下がっても1万円。

為替がどうなっていようとも1万円。

雨が降っても風が吹いても自分のペースを崩さないことが重要です。

すべては自分の投資を長く続けて行くためです。

無理せずやれることを続けて行く

はい、ですので今月ぼくは【A】アジレント・テクノロジーズを買えませんが、これで落ち込むこともなく、怒り出すこともなく、来月またキッチリ1万円を入金してそこで買いたいと思います。

焦ることはありません。

投資に限らず焦ると物事大体ダメになります。

焦っても頭に来ても、自分が毎月10万円も20万円も投資に使えないという事実は変わらないのですから。

自分にできる範囲で、無理のない範囲でやれることを続けて行く。

それが一番大事なことだと、投資を9年続けてきたぼくはそう思います。

では皆さん、次回の入金で。

オザワークスでした。






"share"とは株式を意味する英単語でもある


投資の常識を変える

投資で大儲けする or 大損する時代は終わった。
安定した副収入を作る配当投資こそが投資の新常識。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

なまえ:オザワークス 生まれ:1980年 投資は2013年から開始。長野県在住。 投資初心者、またははじめてアメリカ株に興味を持たれた方向けに「米国株の長期配当投資」を紹介しています。 自分自身も米国株投資家でして、配当金を再投資して株を買い続け、不労所得のさらなる増大を目指します。 また、分散投資を重視し、毎日配当金が入金するようなポートフォリオを作っていきます。 外国株CFDでも米国株に投資し、CFDを舞台に長期配当投資へ挑戦しています。 証券会社選びから税金関係まで、初心者向けの米国株情報ブログを目指します。